--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/12/08

11年ぶりのNAHAマラソンは、食い倒れの旅42.195kmでした!

太陽と海とジョガーの祭典。
3万人が集うNAHAマラソンは、言わずと知れた沖縄の一大マラソン大会です。

ですが2004年を最後に、随分長いことエントリーしていませんでした。
理由は自分のお仕事の関係で、月初にかかる遠征は難しい為。

でも、今年はふと
「翌日一便で帰ってきて仕事に直行すればイケるんじゃね?!」と思い立ち
まずかーとエントリーしてみたら、まさかの当選!
でも島からの飛行機や宿を取るのが大変だしなぁ・・・と思っていたのですが
運よくどちらも予約が取れてしまいました。

じゃあ行くしかないでしょ、11年ぶりに。

と言いつつ、大きな声では言えませんが
2年前にちょっと走りました。代走で。
その時は友人の初マラソンの伴走だったので、ずいぶん後ろからスタートし
ずーーっと満員電車の中を走っているようでした。

で、レースナンバーが送られてきたんですが
12243593_1257222890969783_9154694542016733999_n.jpg

5桁でした

・・・2004年のレースナンバーは4336。
11年出場歴が無いと、後ろに追いやられてしまうのですね・・・
まぁ仕方ないです。

前日の夕方までお仕事してから飛行機に飛び乗り、選手登録に行きます。
この段階で既に人がいっぱいで、久々のNAHAながら人の流れに乗って行けば選手登録会場まで到着できるという(^O^)/
単独での参加ですが、空港出発時からたくさんの知り合いに会えます。
もちろん会場でも。さすがに県下最大規模の大会なだけあります。

そして当日。
雨の予報に備えてそれなりに厚着してきたのに

12301468_1265309096827829_3455906568274923005_n.jpg

晴れてますよ?(;'∀')

暑いの苦手なんです。
この日の最高予想気温は25℃。
曇っていてこそ何とかなるかなと思ってたのに。
しかも待ち合わせしていた友人にも落ち合えず、また40分以上前から整列しなくてはならないため
スタート直前には既にお腹が減っているという状態。

でも
安心して下さい。

NAHAマラソンの最大の売りは
最高に充実した私設エイド!!!

スタートしてすぐ、あまりの人混みに早々にやる気を失くし
ファンランに徹しようと思った私には
目に入るもの全て美味しそうに見えます~

12301578_965203870239706_8979699360402832510_n.jpg

ジューシーおにぎり!

12308741_965200490240044_4252653885853629494_n.jpg

トマトまるごと一個!

12301582_965203856906374_4177612580072142656_n.jpg

ミッキージュース!(これなんて呼びます?どうやら地域で違うらしい。)

12360068_965201523573274_680068160982711824_n.jpg

しぼりたてサトウキビジュース!

12310607_965204460239647_4158895140528047431_n.jpg

一口そうめん!

12342692_965204710239622_3210210287725176047_n.jpg

糸満の魚汁!激ウマでつごう3杯頂いちゃった!

(以上、お写真提供はぬまっちクンより。快く写真をおすそ分けしてくれてホントにありがとう!)

その他にも五目稲荷ずし・沖縄そば・黒酢ドリンク・麦茶・ノンアルビール・・・
残念ながら牛丼と飲茶のエイドには出会わなかったけど
十分食べ物&飲み物を堪能しました。

って、私走りに来てたんだよね?!

そう思い出したのは←ヲイ
ラスト7kmぐらいになって、このままいくと5時間以上かかっちゃうって気づいてから。
そっからは、エイドではコーラぐらいに留めて←まだ飲むんかい
真面目に走りましたが

12308263_1265309153494490_4126863826724567169_n.jpg

5時間超えちゃいました

そして
もちろん

終わった後びた1gも痩せてませんでした~

正直すごい人混みとか、前半の長い下り坂とか、私にとっては苦手なコースではありましたけど
終わってみたらやっぱり楽しかった!
何より、強風の中でも豪雨の中でも途切れることのない応援、
そしてたまらない笑顔に後押しされてのゴールはやっぱり得難い喜びでした~!!

来年、また前日の夕方入りの翌日1便帰りになるだろうけど
当選したら来ちゃうかも・・・と
思ってしまっている私が居ます。




スポンサーサイト
旅行 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/07/11

ようやく戻りました

・・・と言うか、水曜日には戻ってきていたのですが
そのまま仕事に入り、覚悟はしていましたが文字通り怒濤の激忙に紛れ
とうとう今日までブログはおろかサイトに遊びに行くのも叶いませんでした。

やっぱり月初に旅行に行くのは無謀だったか。・゚・(ノД`)・゚・。

でも!
とても楽しかったです!!
真冬なはずの南半球ですが、ゴールドコーストは熱帯に属するだけあって
気温も最高19℃まで上がり、その割には湿度が低いせいかとてもとても快適で
マラソンも観光もとっても楽しめました♪

今まで南半球方面は“食わず嫌い”なところがあったのですが
認識を改めましたね?。
特にこの時期、蒸し暑いこの島を離れて爽やかな気候でアゲアゲ気分で
マラソンを走るのは病みつきになりそうです!

お陰様で記録も自己ベスト更新、とはなりませんでしたが
久々に満足できるものになりました。


GCBP1215.jpg

GCCB0793.jpg

このマラソン、帰国後に気付いたのですが
5kmごとのラップタイムや動画、そして写真が全部翌日には公式サイトにUPされているんです!
どこで失速したかが一目瞭然(汗)
ちょっと参加費がお高いマラソンだなと内心思っていたんですが
ここまでバッチリ記録をとってもらえたら、むしろ良心的だとさえ思いました。

大会前の選手登録はコンベンションセンターで行われたんですが
その中で開催されていたエキスポがすごかった!
80以上のブースがあって、日本で見られないランニングギアやグッズの販売もあり
目移りしましたよ。

expo.jpg

expo2.jpg


もちろん陽気な沿道の応援もすごいし
折り返してくる選手との触れ合いもとっても楽しい。
何より絵に書いたような素敵な海岸線を走れるのは気分も最高!!
個人的には超お勧めの大会だと思います。

elephantrock3.jpg

こんな感じのビーチの横を走れるんですよ?♪

ゴール地点もどこまでもオーストラリア(笑)

afterrunplace_20100711103634.jpg

他にも沢山観て楽しんできた所がいっぱいあるので
これからご紹介していきますね!

取り急ぎ、ただいま?のご報告まで。\(^o^)/
旅行 | Comments(6) | Trackback(0)
2010/07/01

ではちょっくら

行ってまいります。

つかまだこれから仕事に行って
飛行機ギリギリまで仕事しないと間に合わない。
月初に旅行なんか行こうとするからだ←自分

来週の水曜日戻りますが
その後も怒濤のお仕事が待っていると思いますので(涙)
皆さましばらくはごきげんよう。

旅立ち前のオマケ画像は
例によってお約束のように荷造りの邪魔をする愚息です。


CA331619.jpg

・・・せめて中で爪を研がないでくれたまえ、新品なんだから(涙)
旅行 | Comments(10) | Trackback(0)
2010/03/20

バンクーバー旅行記・チープなB級グルメ編

さて、旅行といえば、お楽しみは食べる事ですよね!
ましてや海外旅行となれば普段は食べられないようなゴージャスな料理を
太っ腹で頼むというのは定番かもしれません。

でも幸か不幸か同行の娘は高校生。洋食系がダイスキな今どきの子ではあるけど、
未成年を連れて美味しいお酒と共に味わう立派なレストランには行きにくい。(残念!)
なので思い切って、私がワーキングホリディ滞在中に食べていた普通の食べ物を一緒に
楽しむって感じでいきました!

ところで今回の宿泊は、何ともリッチなフェアモント・バンクーバー。
ここは素晴らしく立派なホテルでして、客室の窓から空港がまるっと見えます!
もちろん空港に直結なので、とっても便利。
朝食付きだったので、毎朝がっつりと戴いてから出発しておりました。
ブッフェ形式なので好きなものを戴けるのも魅力だし、パンの種類も豊富?。
中でも二人のお気に入りだったのは「エッグ・べネディクト」!
半分に切ったイングリッシュマフィンにハムとポーチドエッグ、オランデーズソースがかかった
まさにホテル・ブレックファストって感じでした。

エッグベネディクト


これを一個食べるだけでも結構お腹に溜まるのに、その上欲張ってヨーグルトやら
全粒粉のパンやらサラダやらも沢山食べるので、毎朝お腹一杯でした。(笑)
コーヒーもたっぷり飲めるよう、各テーブルに小ぶりのポットごと置かれます。
コーヒーの苦手な娘には、これまたたっぷりのオレンジジュースを戴きました。

ホテルの窓はすぐ空港


ホテルの部屋からの眺め。
窓辺で裸でいたら飛行機の乗客に見られそうな至近距離。(笑)

で、お昼が過ぎてもお腹が空かないので、よく変な時間に適当な場所に入って食べていました。

ここはそんな場所のひとつ。
キツラノにウィンドショッピングに行った時入ったクレープ屋さんです。
キツラノというのは日本で言えば・・・青山とか渋谷とか?(ちょっとイメージ貧困)
本当に個性的なショップが立ち並ぶ、地元御用達のトレンディな通りになっています。
ショッピング大好きな娘と端から端まで歩いて、さすがにお腹が空いた時に目に留まりました。

img_1040561_40117845_4.jpg

甘くないクレープの種類がたくさんあって、私はその中でお店の人お勧めの
ナスとハムが入ったチーズのクレープを。

なすとハムのsavoryクレープ

娘は野菜たっぷりのホットサンドを戴きました。

ホット野菜サンド

食べかけ画像で失礼。
どちらもとっても美味しかったです!

キツラノの端っこの方まで来た時、

safeway外観


スーパーマーケットの「safeway」を発見!!!!
おおぉ。これまた懐かしい!
何てこと無いスーパーマーケットだし、ハワイなどにもあるらしいですが
当時の私の自炊生活を随分助けてくれた恩は忘れられません。
ついふらふらと入ってしまいました。

safewayの中

safewayのパン売り場

なんといっても主婦にはたまらない空間ですよね!
パンだけでも凄い種類だし、生鮮食品も山積みで面白いです。
お土産をこういうところで買うのも楽しいかもしれないですよ。
ちなみに私はここでお土産を買い漁り、SAFEWAY CARDまで作っちゃいました。(汗)
「旅行者だから」って断ったのですが「ずっと使えるから!」って押し切られまして・・・
いいや、次回来た時に使おうっと♪

地元民の御用達と言えば、点在するショッピングモールも見逃せません。
昔は誰かに車を出してもらうかバスを駆使して出かけるしかなかったのですが
今は便利なスカイトレインがあります。
オークリッジ41stにあるオークリッジセンターも懐かしいですが、メトロタウンの
ショッピングモールはBC州最大だそうですからぜひ行ってみなくては!
ちょうど雨の日だったので、うってつけのお出かけになりました。
でも・・・正直迷子になりました。ホント広過ぎでした。
疲れ果ててフードコートにたどり着き、適当に小腹を満たそうとしたところ
 
フードコート

さすがに移民の国!美味しそうなエスニック料理のお店がたくさんあります。
ここで美味しいチャイニーズ風ゴハンにありつきました。

フードコートごはん・エビ

エビの揚げたのとインゲンと牛肉を炒めたものが、タイ米の上にどっさり。
これで7ドル弱は安いと思います。味も本格的!

putineプーティーン


調子に乗って「プーティーン」まで頼んじゃった。
これはカナダのケベック辺りが発祥の、ポテトフライにカードチーズとグレイビーソースを
たっぷりかけたもの。
見た目よりは薄味で、さほどこってりしていない・・・かな?
ちなみに娘はべトナミーズ・ヌードルを食べていました。
フードコートとあなどるなかれ。意外と本格的なお味でしたよ!
きっと移民で来た人たちが働いているからなんでしょうね。


ところで中華料理といえば、リッチモンド地区も外せませんね!
アバディーンセンターの中のDim Sum(飲茶)に良く連れてってもらったな?と
これまた懐かしく思いつつ
日曜日の遅いお昼に出かけてきました!

飲茶

ここまで来ると、広東語が飛び交いアジアな顔立ちの人々が増え、
バンクーバーに居るというよりは香港にいる気分になれます。
一つの国で何ヶ国分も美味しい、それがバンクーバーの良いところ!



ここからはお酒の話です。
今回、お酒を飲むのは基本的にホテルの客室の中だけにしておきました。
オリンピック時期でただでさえ酔っ払いさんが街中を徘徊しているし、
ホテルはダウンタウンからちょっと離れているので、千鳥足だとちょっとマズイ。(苦笑)
幸い空港の中に11時までやっているリカーショップがあったので、
専らそこで購入していました。
カナダは基本的に飲酒には厳しい国ですもんね。

カナダビール

これらはローカルビールです。
私が一番好きなのはモルソンカナディアンとコカニー!
カナダのビールは余り癖がなく、かといってアメリカのビールのように薄味ではなくて
程よい苦味とホップが効いています。

ビールとビーフジャーキー

一日の終わりにおつまみと一緒に一杯!
く?、最高!!
ホテルの溺れそうなほどに大きな浴槽に浸かった後の晩酌は、その日の疲れを癒してくれて
また翌日の観光に向けての元気をくれました。

miss vickies


最後にオマケとして紹介するのは、私の大好きな「Miss Vickie’s」のポテトチップスです!
どういう訳か日本では買えないこのチップスに当時はまりまくった私。
これに限らずカナダにはしっかりした味付けのスナックが多くて、病み付きになりがちです。
今回の旅で再燃してしまいました。あぁまた食べたい?。

というわけで、決して高価じゃないけど美味しい、庶民的な食べ物を紹介しました。

食べ物はいつも懐かしい思い出と共に有る、と思いませんか?
人が一番保守的である部分が食に対する想いである以上、
食べ物にまつわる旅の思い出は、決して色褪せずに記憶の中にあるはずです。
今回そういった意味でも、私にとっては想い出の糸をたぐる
素敵な旅行になりました!
旅行 | Comments(4) | Trackback(0)
2010/03/15

バンクーバー水族館(オリンピック観戦の合間に)

 ところで、出発前から私が考えていたのが
“バンクーバーを、住人のように訪れる”でした。
オリンピック観戦の傍ら、ぜひ街の普段着の様子を娘に見せたい!

手始めにダウンタウンの喧騒をちょっと離れて、まずはスタンレー・パークに足を延ばします。
ここは広???い公園です。

スタンレーパーク入り口

スタンレーパークヨットハーバー

この日はとても暖かく、日差しも暑いぐらいだったせいかジョギングをする人が目立ちました。
あぁ私もせっかくジョギングウェアを持ってきていたんだから、ぜひここで走りたかった!!
一周8.8kmの距離はまさに私の日常のジョグコースにぴったりです。次回は必ず。

ギース


途中にリスやカナダギースもいます。

とことこ歩くとようやくアクアリウムの入り口です。

アクアリウム入り口

先住民族のシャチをかたどったモニュメントも、これまた懐かしい!
日本だったら20年も経っていれば、大幅にリニューアルされてもおかしくないですよね?
「変わらない美しさ」。 ここがカナダの素晴らしいところだと思います。

さて何故今回アクアリウムかといいますと、元々水族館が好きなのですが
今回は何と!
オリンピック期間のみの50%割引券をゲットしたからなんですね?。
これは朝9時までに入場すれば半額になるというとてもお得な券!
しかもオリンピック期間は冬なのに朝8時から開園していたので、時間を有効に使いたい
私達には最適です。

アクアリウム割引券


特筆すべきは、数ヶ月前に完成したばかりという「4D体験シアター」。
とっても!面白かったです!!
これは“Planet Earth”というショートムービーを専用のメガネで鑑賞するものなんですが、
イルカの水しぶきはこちらまで飛んでくるは(劇場内なのに実際に濡れた!)、いきなり背後から
何かにチクっと刺されるは、小さなお子様には少々刺激が強過ぎるぐらいのド迫力。
某テーマパークも顔負けのアトラクションという感じでした。


思いも寄らぬスリリングな体験をした後は、静かに?鑑賞します。
既に沢山のお客さんが見学していますが、朝が早めなのでさほど混んでおらず
そのブースの前もゆっくり見て回ることが出来ました。

イソギンチャク

色とりどりのイソギンチャクとか?

fried jellyfish

「目玉焼き」なんて名前をつけられたクラゲとか?

イルカと調教師

イルカに餌が上げられるコーナーとか?

泳ぐイルカ

イルカとか?

ベルーガ

ベルーガとか!!

ベルーガも悠々と泳いでいます。
ところで私は沖縄在住なのですが、ジュゴンには馴染みがあるけどベルーガとどう違うのか
イマイチ分からなかったので、水族館の係のお兄さんに尋ねてみたところ「ベルーガはクジラの
仲間だけど、ジュゴンはむしろ象なんかと同じ分類に入るんです。あと、食性が全く違うんですよ」と詳しい説明を受けました。
そして話はベルーガの餌になる魚類、果てはプランクトンにまで及び、
最後は地球温暖化を憂う話で締め括られました。非常に勉強になりました!

個人的には世界の可愛いカエルちゃんや、アマゾンの巨大ゴキブリが生きたまま
展示されているのがとてもツボだったんですが
お好みもあるでしょうから写真は割愛します。(笑)


さて一回りして入り口近くに戻ってくると、何と!聖火リレーの走者がいるではありませんか?!
そういえば割引券にも写真はあったけど、まさかこんな所で会えるとは。
もちろん、娘と一緒に写真撮影をお願いしました。
聖火リレーの感想を尋ねたら、「もう、言葉では言い表せない感動だったわ!」と
まるでつい先ほど走り終えたかのように興奮して答えて下さいました。

トーチランナーと娘目線つき

実際にトーチを持たせてもらいましたが、意外とずっしりと重く
これを持って走るとなるとなかなか大変。
でも私がもしカナダ在住だったら、ぜひ応募して走りたかった!!

今回の聖火リレーは前年の10月から既にアテネをスタートし、6つのランタンに分けて
カナダに運び、先住民のカヌー・マウンテンバイク・サーフボード・かんじきなど様々な方法で
カナダ中の駆け巡り、多くの人々の手を渡り開会式に到着したそうです。
滞在中に何度かこの映像を目の当たりにしましたが、本当に感動ものでした。

思いも寄らぬ素敵なオマケがついた、バンクーバーアクアリウム訪問になりました。
旅行 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。