--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2017/02/22

全てに感謝・おきなわマラソン2017

思い返せば一番初めに参加したのは1999年。
以来、ほぼ毎年のように
「きつくて苦しいのを分かっていて」参加し続けている

おきなわマラソン。

この大会にかれこれ13年前から
一緒に出ていた旧友がいます。
もちろんその前から仲良しで、遠距離とは言え、会えばいつも2秒で盛り上がる間柄。
その彼女は持病を抱えているため、その頃はなかなか完走にたどり着けず
それでも笑顔で「今回もダメだった~」と私達の完走を喜んでくれていました。

“いつか必ず一緒に完走したいなぁ。”
それは密かな私の夢でした。

その後彼女は治療法を変え、またマラソンが走れるようになり
数年前にはNAHAマラソンを伴走させてもらい、その時は見事に完走。

そして、いよいよおきなわマラソンへの再挑戦!
練習に余念がなかった日々ですが
クリスマスの朝にワタシがまさかの肉離れ

受傷した当初は激しい痛みに、すごい内出血。
まともに歩けない日々が続き、走るなんて無理…な状態。
その当時はだいぶ絶望的な気持ちになりました。

練習を再開した時の様子は前回の記事に書きましたが
正直その頃は、フルマラソンを走れるようになるまで
戻ってこられる自信は皆無でした。

楽しみにしていた1月のワイドーマラソンをDNS。
この大会も、20回近く連続出場していた恒例の大会でしたが
友人とのおきなわマラソンの為に、諦めがつきました。

その後、2回ほどロング走をやってみました。
が、
後半になればなるほど、ふくらはぎだけでなく脚全体に痛みが走る有様。

「こんなんで、本当に伴走なんて出来るんだろうか…?」

心配で心配でたまりませんでした。

その頃、一緒にバイクの練習をしていた別の友人から
「怪我をした箇所を無意識にかばうからそうなるのかもしれない。
走っている間は時々脱力を心がけてみては?」
とアドバイスを頂き
ちょっと意識してみたら、今までとは違って
ずいぶん楽に走れました!

というか、それが本来の私の走り方だったのを
ようやく思い出しました!!

ギリギリ何とか間に合った感を伴って
いよいよおきなわマラソンへ。

今年は25回記念大会との事で

20170221102354980.jpg

ご当地グルメのエイドステーションが9箇所も!!

app-010006900s1487589418.jpg

app-011617600s1487589288.jpg

app-043485800s1487589864.jpg

kyuri.jpg

は~、食べすぎました

で、肝心のランの方ですが
不安があったふくらはぎにはガッチガチのテーピングをして臨んだお陰か
ほぼ大丈夫!これなら最後までしっかりペースメーカーを努められる!と確信。
ペースメーカーが潰れちゃ話にならないですもんね'`,、('∀`) '`,、

前半はたっぷりのお喋りと共に並走。
後半のアップダウンが続くところは、少し前に出てイーブンペースで先導。
私の派手めのウェアとデカイお尻を追走してもらいました。

ほぼ全ての関門を20~25分前に通過と、とても順調でしたが
やはりアップダウンが延々と続くおきなわマラソン、
少しずつ少しずつ遅れて来ています。
でも、完走には問題ない感じ。
何よりも、どんなにキツイ坂でも決して自分からは歩かず
確実に登って来る友人の姿を見て
何年も前の大会の時の事を思い出し
なんだか目の前が曇ってきました

そして、長年の付き合いで気心が知れた間柄だからこそ
私も安心して一緒に走れる。
その安心感が、故障明けの私の気持ちをすっかりほぐしてくれて
私にとっても、ここまで回復したと確信できる事が
嬉しくて嬉しくて。

沿道の応援。
手厚いエイド。
思いもかけないところで声援を送ってくれた友人達。

全てが、
本当に全てが、
まるで初めてマラソンを走った時のように感動的でした。

そして、それこそ初マラソンの時と同じぐらいの時間をかけて

16830638_761287980688402_6546298439467627132_n.jpg

念願の、ゴール!!

私も嬉しかったけど、きっと友人とダンナさんは本当に嬉しかったはず。
特にダンナさんはいつも友人を優しく見守り続けてきて
今回も一緒に走ってくれました。
私は伴走をさせてもらったようでいて、実は私自身が伴走してもらっていたんだ、と改めて実感。

走ることを通じて得難い親友を得て
その親友と走り続けられる事、それこそが
私の走る喜びなんだなぁと思います。

記録を追うのも良いし
ストイックに頑張るのも良い。
ただ、私はこれからも
こうやって泣いたり笑ったり苦しんだりしながら
ただ、走り続けられればそれで良いなぁ。

末尾になりましたが、一緒に走ってくれた友人夫妻。
沿道でワタシをビックリさせてくれた応援部隊の皆さん。
前後夜祭を満喫させてくれた地元の若い友人達。
そして、おきなわマラソンに関わってくれた全ての皆様に
心からの感謝を捧げます
ありがとうございました~!!
スポンサーサイト
マラソン | Comments(0) | Trackback(0)
2017/01/12

全ては、必然。

こちらでは、ご無沙汰しております。
誰が読むとも思わず、
自分の忘備録的なブログですので
ご容赦いただけたら。

昨年のクリスマスの朝。
事もあろうに、自分の不注意で
左ふくらはぎの肉離れをやらかしてしまいました。

走り始めてから、故障らしい故障を
殆どしたことが無いワタシにとって
一瞬の油断での故障、というのは
青天の霹靂に等しいものでした。
あまりの激痛に動けず、帰宅してからは
以前学んだ“RICE”処置を行い
とりあえず痛みに耐えるだけでした。

翌日、痛みはだいぶ引きましたが
とてもじゃないけど歩くのが精いっぱいで
絶望的な気持ちになりました。

“あんなに練習を積んできたのに”

年末だったせいもあり
一週間完全休養にして
色々思いを巡らせました。

何故、故障したのか。
何故、今なのか。

やっぱりそれまでのオーバーユースとか
やってるつもりでも出来てなかったケアとかが
結果的に一番弱い部分に出てきてしまったんだ、という結論に達しました。

誰のせいでもない、自分自身の招いた結果なんだと
納得がいくまで少しだけ時間がかかりましたが
よくよく思い出せば、練習の量こそこなせても
実際の質的なものはどんどん落ちていっていた気がします。

まぁ、これも全て事後に気づいたことなんですけどね

というわけで、今の私は
1週間の完全休養の後、自転車・水泳の再開を経て
3週間目にようやくランのリハビリを開始したところです。

最初はウォーキングから。
ちょっと走ってみたけど、とてもじゃないけど数歩で痛みが走る。
悲しい気持ちで、ウォーキングに徹しました。

翌日。
ウォーキングから入って、恐る恐るジョグを入れてみる。
そしたら20歩は走れた!
そこからはやっぱりツッパリ感が出て怖くて走れないけど。

3日後。
またウォーキングから始めて、今度も慎重にジョグを入れてみる。
そしたら今度は200mは走れるじゃないか!!

少しずつ、少しずつだけど
私は確実に走れるようになりつつある(^O^)/

ここで、はたと思い当たりました。

それこそ、20年近く前。
運動経験も何もない頃、ひょんなことから走ってみようと思い立ち
太った身体を揺すって、初めて競技場のトラック400mを
走り切った時の気持ちを。

ものすごくキツくて、でも何とか走り終えて
思わず空を見上げた時に見えた
でっかい満月の綺麗さを

奇しくも、同じような満月の夜に

しかも、あれから20年近く経った夜に

鮮やかに思い出しました。


ああ。
ワタシの今回の故障は
またしても宮古のトライアスロンの神様が
奢れるワタシに、今一度揺さぶりをかけてくれたんだなぁと。

ならば、
その気持ちに応えなくては。

あと100日。
ワタシは、必ず戻ってきます!(^O^)/

20170112214616336.jpg


晴れる日もあれば

201701122146356e6.jpg


曇る日もある。


当たり前。

長年、毎年出場してきたワイドーマラソンは
今年はお休みします。
悔しいと言えば悔しいけど
次に繋げる為に、必ず何か得て行きます。
転んでも、ただでは起きない。
マラソン | Comments(0) | Trackback(0)
2016/09/29

シドニーに行ってきました~

外語大に通っていたムスメが
卒業後そのままシドニーに移住し、2年が経ちました。
彼女は現在ピザを申請中で、その為今年は日本に一時帰国が出来ないとの事で
「それなら今年はこっちから遊びに行くのも良いんじゃない?」と思い立ったのが今年の初め頃。

私の母親も「ぜひ身体が元気なうちに行ってみたい!」と言うので
親孝行も兼ねて、一番気候の良い時期に行こうかなと調べていたら
9月にシドニーマラソンがあることを知りました。
2000年のシドニーオリンピックが開催されたのを記念して、翌年の2001年から
南半球最大規模のマラソン大会としてスタートしたのが始まりとか。
そういえば、私も2000年からトライアスロンを始めたんでした。
なんかいい機会だから、走っちゃうことにします!

前々日にシドニー入りし、その足で受付してきました。

14317526_1518138308211572_7118373016977344505_n.jpg

Town hallと呼ばれる歴史を感じる建物の中で選手登録。

海外マラソンは2回目、一回目は同じオーストラリアのゴールドコーストマラソンでした。
今回は都会だし、さぞかし洗練されているのでは?と思いきや
意外とエキスポ的なものはゴールドコーストの方が盛大だったような・・・

当日のスタート地点も
14322556_1518175688207834_6793130610143036972_n.jpg

あら?案外サッパリとしてる。

ハーフの部が1時間前にスタートしたのですが、私たちがトイレに並んでいたら(これは万国共通(;´∀`))
ハーフのゼッケンをつけた人たちが続々とトイレから出てきています。

もうスタートしてますよ?!

お国柄でしょうか?のんびりな方はあくまでもマイペースの様です(*´▽`*)

14317550_1518175768207826_2006660842018822673_n.jpg

時間になったのに始まる気配がイマイチありません・・・
14322591_1518175841541152_7057864383253960263_n.jpg

14322696_1518175838207819_8225004100388741421_n.jpg
(うちらがセルフィーしてたら、ノリの良いドイツ人っぽいオジサンが写り込んできました♪)

スタートしてみたら、シドニーの中心部の素敵な場所を
まるで観光ランのようにあちこち回らせてくれます!
なんとも素晴らしい公園を横断させてもらったり、
これは素晴らしいコース!

sydneymarathon.jpg


ただ、ワタシが欲深くて'`,、('∀`) '`,、
この気温と湿度ならPB出せちゃうかも!と思っちゃったのですが
やっぱりそれなりのスピード練習をこなさないと、
脚はついてこないです。
気持ちよくて前半は軽快に飛ばせても
後半の疲労には勝てませんでした・・・(;´∀`)

でも、応援は素晴らしい!!
沖縄らしいウェアを着ていったせいか
途中で「めんそーれ!(いらっしゃい)」「にへーでーびる(ありがとう)」という声援も
受けられることが出来ました。

遠く離れたシドニーで、それらのウチナーグチを聞くたびに
なんか感動( ;∀;)

はるばる来た甲斐がありました!!

そして、ダンナをまんまと置き去りにしてのゴール!

14344154_1518175961541140_7809430685675496604_n.jpg

あ~、ホントに楽しかった!!( ;∀;)

しばし待った後ダンナがゴールしたので
こんな記念写真も撮りました♪

14358748_1518176004874469_3753058842728847536_n.jpg

ムスメに会いに行く、と言う大義名分の元
走る事が出来たシドニーマラソン。
タイムはネットで4時間39分10秒と、PBより15分も遅くはあったけど
それでも堪能できました。ホントに有難い事です。

・・・また走りに行きたいなぁ





マラソン | Comments(0) | Trackback(0)
2016/03/16

原点に帰るために。~名古屋ウィメンズ2016

思い返せば今季のマラソン大会は
ことごとく奮いませんでした(;・∀・)

シーズン初戦の一番暑い時期、10月のエコアイランド宮古島マラソンが
結果的に一番早いタイムで
12月のNAHA・1月のワイドー・2月のおきなわマラソンと
どうにも上手くいかない感じで終わってしまっていました。

理由は分かっています。
「あんまり走りたくない

何じゃそりゃ、って感じなんですが
どうしても練習で走ってて楽しくない。
フォームを矯正して膝や腰に負担が少ない走りをしたいのに
全然動きがバラバラになってしまう。
自分を発奮させるためにあえてたくさんの大会を組み込んだのが
却って悪循環になりかけていました。

なので、3月の名古屋ウィメンズは
初出場なこともあり、タイムは度外視で
とにかく“うんと楽しむ!”事を最大の目標に設定したのです。
幸い、その計画に乗ってくれた友人が居てくれたので助かりました!

10325643_1336660893025982_602651901240094565_n.jpg

前々日から名古屋入りし、楽しい仲間達と手羽先を楽しみまくり(笑)
EXPOで試食しまくり(笑)
イケメンを堪能しまくり(笑)

そして当日。

10403227_1336661093025962_2120554271364704124_n.jpg

10404529_1336661113025960_3020288306699144953_n.jpg

やっぱり、女子だけのフルマラソンは華やかです!
ピンクいっぱいで良い匂い♪
視界も開けてるし、気分アゲアゲになれます~!\(^o^)/
思わずビューティーモードで激写←ヲイ

彼女とのランは、ご希望によりキロ8分ペースを設定しました。
その代わり、最後まで決してこのペースを崩さないこと、
「ウォークブレイク」と呼ばれる“初盤から積極的に短い歩きを入れる”こと、
この2つを実験としてお願いしました。
私にとってはLSD走になりますが、4月のストロングマンの前の良い調整ランになるはずです。

いや~、しかし応援すごい!!
沿道を埋め尽くす応援団は、NAHAやおきなわマラソンに負けません。
その応援に出来る限り御礼を言いながら(何なら一緒に踊りながら)
応援を心から楽しみます。

コースは平坦そのもの。
そして折り返してくるエリートランナーたちの疾走も見ることが出来ます。
時間差でスタートするハーフマラソンの選手が後ろから追い抜いてくるのも何だか新鮮!
何もかもが沖縄の大会とは違います。

そもそも
気温10℃・湿度38%!!
なんかずるい、こんなコンディションでフルマラソン走れるなんて。

まぁそれはともかく(笑)
途中で応援してくれる友達を見つけてはキャーキャー言いながら記念撮影。
大渋滞のトイレの行列に並ぶこと数回。
そしてウォークブレイクを入れる事数回。

そんな感じで、タイムを気にせず
ただ走る時のペースは厳守する、そんな感じで走りました。

後半、友人の体調が落ち着き、走りが安定してくると
周りの歩いている選手たちをどんどん抜いて行くことが出来ます。
もう何百人抜いたんだろう?みたいな感じ。

IMG_2164.jpg

いや~、いい気分!

これこれ、前へ前へ進むアグレッシブな走り!(レベルはだいぶ低いけどね)
このイメージこそが欲しかった!!

長年やっているとつくづく思うのは
メンタルが良くも悪くもその日の走りを決定付けるなぁ、という事。
どれだけ練習を積んでこようが、気持ちが乗らない日は
例えレース本番でも不出来なまま終わってしまうものです。

ならば、この名古屋で
いっぱい心の栄養をチャージしていこう!
そう決めて、わざわざ飛行機を乗り継いでやってきたのは
間違いでは無かった♪

「終わっちゃうの寂しいねぇ」
そう声をかけた友人が「ホントだねぇ」と答えてくれたのが
とっても嬉しかった♪

彼女にとっても、楽しいまま終われた良いレースになったなら何よりです!

ゴール後に念願のティファニーをおもてなしタキシード隊から受け取り
友人とはそこでお別れ。
そのまま流れに任せて、ゴール付近のドーム周辺に出て
まだ頑張っている他のランナー達をちょっと応援してました。

1610041_1336661429692595_7007355779464042950_n.jpg

10277429_1336661383025933_3748968183047274139_n.jpg

10296602_1336661456359259_8235704228310090969_n.jpg

正直、女子だけのレースは男子の目が無い分もっとギスギスしたりするのかなんて
勝手に憶測してました。

でも、ここで目を真っ赤にして泣きながらナゴヤドームに向かって
最後の力を振り絞って走る女子達に
先にゴールした女子達が、同じように目にいっぱい涙を溜めながら
「あともう少し!頑張って!!」と声援を送る。

その風景を見ながら、私も何だか泣けて泣けて。

ああ、この感じもワタシが欲しかった、そのものの感じ。
この時間にゴールしてくる女性たちは
いろんな想いを胸に秘めながら
今日このマラソンを走ってきたんだろうなぁ、
きっとまだまだ走り始めたばかりなのかもしれない。
でもこの先もきっと、走り続けていくんだろうなぁ。

まさか最後の最後で、こんなに心洗われる想いが出来るなんて
ホント、来てよかったとつくづく思いました。

女子たち。
いっぱい想いを秘めた女子たち。
これからも頑張ろうね。
ワタシも頑張るから。


1458610_1336794276345977_8429966289639710572_n.jpg

10629686_1336794289679309_2023921058332548664_n.jpg

決めた。
来年も必ず、また戻ってこよう

最後になっちゃいましたが
沿道で追っかけ応援部隊やってくれた皆さん、
手厚いおもてなしのボランティアの皆さん、
激務だったタキシード隊の皆さん、
大会運営に携わったすべての皆さん、
そして前後夜祭に誘ってくれた皆さん、
心から感謝します、ありがとうございました!
マラソン | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。