--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2017/04/27

初心に返り過ぎました(;´∀`)

さ、記憶がまだ新鮮なうちに
備忘録として完走記書いておかなくちゃです。
(私の完走記はあくまでも来年以降の自分の為なんで

さて。
ランの練習が例年の半分、
しかも一番走り込みたい時期に走れなかった今年の大会は
正直、相当不安でした。
トライアスロンはやっぱりランが一番の要。
でも6時間残れば何とか帰って来られるはず、
スイム1時間バイク6時間半ラン6時間の時間配分を目標に
何とか滑り込む作戦でした。

当日の天気は晴れ、
気温20-23℃、湿度57%、北北東の風5mの予報。
大会には申し分ない気候です。
ウェットスーツも新調したし、イケるはず!と思ってました。

ただ、スイムスタートの位置取りがここで大丈夫かな…という
一抹の不安があったのは
後で現実になってしまいましたが。

スタートしてすぐ、バトルに巻き込まれました。
まぁこれは毎年の事だし、私自身はこの海に慣れているので
周りに「みんな、落ち着け~」と思いつつ泳いでいたのですが

いきなり、3回連続で
ガツンと頭ごと水中に沈められました
恐らく真横を泳いでいた人の腕に、まともに頭が当たっただけだとは思うし
その人もそれがまさか人の頭で、溺れさせてやろうとか思ってやってないとは思います。
ただ、2回目まではこらえられたけど
3回目でとうとう呼吸困難になり
本気で死ぬかもしれないとパニックになりかけました。

スイムでリタイヤする人の気持ちが
初めて分かった時でした


初めてスイムで止まって休みました。
とにかく息を整えない事には進めないと思ったからです。
数分間、呼吸を落ち着けた後
いつもより相当ゆっくりと、再び泳ぎ出しました。
そのうち何とかバトルを回避できる良い位置で泳ぐことが出来ましたが
いつもと潮流が逆だったんだなぁと、後半ようやく気付きました。

スイムアップして時計を見たら
まさかの1時間17分
今年は1時間切りを目指していたのに!!

18157126_1861968627161870_1811120629176180272_n.jpg
それでも生きて上がれて、良かった( ;∀;)

バイクに移ってからもスイムのタイムロスを
しばらくクヨクヨと悩んでいました。
いきなり完走が遠のいた気がしてきて、負けそうな気持ちになります。
バイクの上で声を出して自分を叱咤しました。

「何のために一年間、練習を頑張ってきた?!」
「ふざけるな、気持ちを強く持て!過去の経験に翻弄されるな、
負の自分に負けるな!!」


沿道の応援に何度も涙が湧いてきました。
普段は知らない者同士なのに、
今日は沿道の人がみんな笑顔で私を応援してくれている、
これ以上有難いことはないんだから!

何人か地元勢に抜かれていく中で
「ねぇさん、ここからですよ!!」
声をかけてもらったことで
ようやくスイッチが入りました。

そこからはアゲアゲでバイクを漕ぐことが出来ました。
練習ではヘバッてた場所も難なく走れます。
お高そうなTTバイクを坂で抜けたりしたので、さらにアゲアゲに
(あとでまた抜かれましたが)

うん、バイクは楽しかったです!
すごく強化した、というほどでもないけど
去年より数秒早い6時間20分03秒でフィニッシュ。

18121738_655643261299373_6842622695342546074_o.jpg
真謝の坂でアゲアゲのBGMに合わせて歌って踊りながら登ってるところ

ランのスタート時、残り時間は5時間52分。
6時間切ってしまいました…
ちょっと油断したら、だいぶ完走が危うい。
ここでまた気持ちが萎えそうになりましたが
今年のテーマは"初心に返る"
過去の負の経験に翻弄されない事、
初出場の時のように最後まで諦めない事が目標でしたから
「行きを2時間30分、帰りを3時間ちょっとで帰ってこられたら行ける!!」と
とにかく走り出しました。

18157207_1861968610495205_9040816553359048036_n.jpg
まだまだ元気な頃。

その最中もいろんな邪念が頭をよぎります。
ランの練習不足が、どうしても自信の裏付けにならず
あれだけ走れてた去年の大会とのあまりの違いに
またしてもクヨクヨし出してたのですが
同じ地元勢で、過去何度も完走を果たせなかった選手が
悲願の完走を目指し執念の走りで止まらず突き進む姿を見て、
「ワタシに足りないのはこれだ!執念だ!」と
止まりがちな脚をその都度叱咤しました。

辛いのはワタシだけでは無い。
みんな、完走したくて同じ道を走っている。
誰も諦めてなんていない!!

そして、すれ違いざまに貰った言葉。

「必ず、ゴールで!」

この言葉が胸に突き刺さりました。
そう、何があっても必ず、必ずゴールで!!

後半折り返し、涼しくなってきたら
去年同様少しでもペースを上げるつもりでした。
でも、何だか吐き気と目まいがしてきた・・・

あぁ熱中症だ 
十分な水分摂取をしたつもりだったけど、湿度の低さに騙された・・・

脚が止まりがちになります。
関門までの時間を回らない頭で必死で計算し
2つの関門を何とか若干の余裕を持ってすり抜けました。

あと6km足らず、の場所で
制限時間1時間前の花火が上がります。
後はいつものブリックランぐらいの距離、
大した事ない、あともう少し!とか思いつつ
脚はどんどん止まりがちに。

同じ選手に声をかけてもらって引っ張ってもらったり
ランナーの同僚やトライ仲間に伴走してもらったり。
沿道の応援に笑顔で応えたくても
片手を力なく挙げるのがやっと。

周りに「まだ間に合う、頑張れ!」とか
「歩くな、走れ!」とか声を掛けられて
それこそ初出場の時を思い出して、心の中で苦笑してました

そして今回、初めて
ダンナが逆走して迎えに来てくれました。
どうやら相当やきもきしていた様子。

何とか3~4分前ぐらいに競技場のゲートをくぐれた瞬間、
私の顔はものすごい泣き笑いだったはず。
あの時誰も写真撮ってないでしょうね?

17992361_1861968327161900_1683263293596332720_n.jpg
ようやく笑顔が( ;∀;)

応援してくれた仲間と一緒にゆっくり走っていたら
「必ず、ゴールで!」のオニイサンに抜かれました。

さすがです。
約束、守ってくれました!!

ラン、5時間51分46秒。
総合タイム、13時間29分46秒。

制限時間14秒前のオンナ、
女子最終完走者の称号を手にすることが出来ました

…今年も何とか完走出来ました。
14秒前でも完走は完走、
あの大会終了の花火を競技場の中で見られて良かった。

もちろん終わってみたら反省点はいっぱい。
悔しい気持ちもいっぱい。
でも、今はゆっくり身体を休めつつ
大会に携わってくれた全ての人達に心から感謝しつつ

あと360日足らずに迫った
来年の大会に向けて、頑張りたいと思います!!

ありがとうございました!
スポンサーサイト
トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/19

毎年、この時期になると思い出すこと

とうとう大会まで後4日に迫りました。
この時期はとにかく休養を優先し
自分の身体の疲労抜きに専念しています。

なので、少しだけヒマが出来る分
色々な焦りや、身体の緩みによる痛みに対する不安感も出てきます

はい、何年やっても慣れません。
何故かと言うと毎年私はギリギリ完走レベルな選手。
今回は怪我もしちゃった分、心配がないと言えば嘘になります。

そんなこの時期、毎年決まってすることがありましてですね~

自分のブログの過去記事を読み返すこと
沿道に増えてきた応援幕を眺めることです。

そもそもこのブログは8年ぐらい前に
手術をしてから付け始めたものでした。
貧血がひどくなり、それまで連続完走していた大会を
10回目にしてリタイヤしてしまい、手術を決意。
術後の経過を別のブログに綴っていたのを
いつまでも術後とか言ってらんないな、と思って引っ越したのが始まりでした。

トライアスロンを続けたい。
どれだけ鈍足でも良い、
続けられる限り、現役の人でいたい。


それが最初からの私の一貫した想い、なはず。

でも日々の生活の中で
やっぱり欲も出たり、若い人たちと比べたり
そして勝手に一人で落ち込んだりモヤモヤしたり、
そんな凡人の私がもがいているのは

今年だけじゃない、と再認識するのに
自分のブログの読み返しは最適です。

毎年進歩しない自分に苦笑しながらも
「うん、やっぱり今年も
例年通りじゃん!いい感じに仕上がってる!」
と思えます。

そして通勤や買い物の時に
片っ端から応援幕を見まくります。

そこに込められた家族や友人達の想い、
そしてその選手自身の想いに心を寄せて

涙ぐむのです。←キモいオバサン


全てに感謝。
またこの舞台に立てることに感謝。

12986951_1372370319455039_6741543210587401159_n.jpg

さ~~!!

今年も、あのまばゆいゴールゲートを

皆を引き連れて、ゴージャスにくぐるよ!!!

トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/27

自分を奮い立たせる事が出来るのは、自分自身だけ。

あー。
せっかくの日曜日でしたが
昨日の私は心身共に最低でした。

朝起床し、みんなと約束していた朝スイム&バイクの
準備をしている最中に
突然、冷や汗が出るぐらいの腹痛。
トイレに行っても治らず、手持ちの薬を服用し
30分ぐらい悶絶していたら
とりあえず治まってきたので出かけることにしました。

曇天・強風で寒い中
なんとか海スイムは終え、バイクに移行したのですが
何だかやっぱり気分がすぐれません。
冷えのせいか腹痛がぶり返してきたのと、
ちょっとした諸々の事があって
だんだん集中出来なくなってきて…

自宅のごく近い場所で、雨がぱらついてきたのを見た途端
気持ちがプツンと切れました。
そのまま踵を返し、一人自宅へ戻りました。
島一周、130km乗ろうと提案したのは私だったのに
わずか40kmで途中離脱してしまったのです。

雨は一瞬の事でした。
その後は一滴も降りませんでした。
せめてスタート位置に置いてきた車を走って取りに行こうとしたのですが
ランの脚も全く冴えず
気持ちは落ち込むばかり。

今、まだみんなは一生懸命頑張っているのに
私は何やってるんだろう?

少しでも気力を取り戻すために、帰宅後
くつろぎ処 癒家さんの酸素ルームを予約して
お世話になってきました。
きっと、埃のように疲れが溜まってるのかもしれない。
そう考えたからです。

疲れが溜まってると、見なくても良い周りのあら捜しを始めたり
いつもなら気にならない人の所作にイラつきを覚えたり

何より、そんな自分が一番イヤになったり。

この時期はいつも、やっぱりナーバスになります。

そう、何年やっても慣れません。
慣れないくせに、変なところには飽きが来ているので
毎年毎年モチベーションを保つのが、どんどん困難になってきています。

そんな時に見つけたのが
この日めくりカレンダーです。

「綿毛にのって・第二集 万年日めくりカレンダー」

calender.jpg


“生きて、動けることに
何故そんなに不平不満がある?”


朝、優しい言葉を読むたびに
逆にそう叱咤されて居るようで、身が引き締まる想いがします。

大会まで、あと1ヶ月を切りました。

鍛えるべきは、メンタル。
自分自身にしっかり言い聞かせて
毎日を大事に過ごせるように努めたいです。

しかしホント、毎年成長しないなぁ~
トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2016/05/25

本当の勝負は、人によって違うはず。

こないだから、周りの友人たちと

「自分たちにとって“大会”とは?そして“練習”とは?」

みたいな話をする機会が多くて
実は意外と個々でその位置付けが全然違うから
いわゆる価値観の違い、ってのが生まれるんだなぁ、
それはしょうがないことだよね~なんて思っていましたが

昨日教えてもらった本の一節が
私にとってはドンピシャだったので、引用させてもらっちゃいます。

「大会はただのご褒美。真のレースは日々の鍛錬にある。」

掟破り(原田泳幸氏著)”より


13262434_10206264297638428_1510326073_o.jpg

私も大会はどちらかというとオマケで
練習が好きなタイプです。
ここ数年は、トライアスロンの大会はストロングマン1本だけ。
それじゃートライアスリートとは言えないなぁと自嘲しつつも

この一日、それもたった13時間半の為だけに
まるっと一年をじっくりかけて
コツコツ積んでいくのが、ワタシは好きなんですよ~

そもそも持って生まれた運動神経がほぼゼロから始めているワタシ。
ただ子供の頃から泳げたし、自転車は漕げたし、遅いながらも走れはしました。

もっとも、犬かきしか出来なかったし、ママチャリでしょっちゅう転んでたし、校内マラソン大会は
ビリから数えた方が早かったけどね。


誰もがやったことがあるから、実は誰でも出来る競技だってのはそのとおりです。

そこから、如何に継続するか。
如何に少しずつでも進歩していくか。

その手応えが得られるから、練習が好きなんだなぁ。
大会に出場した時、泣けて泣けてしょうがないのは
“ご褒美であり、晴れの舞台”だからなんだなぁ。

この一節を読んで、ホントに腑に落ちました。

そして、昨日嬉しく感じたのは
その価値観が同じ、もしくは似ている人が
必ずワタシの近くには居てくれて
練習を一緒に頑張っている、と言うこと。

一人で練習してても、独りじゃない。
そう思える気持ちさえあれば
実際には一人でも
気持ちは決して途切れること無く続くはず。

そんなことをふと感じて
嬉しかったりしたので
ちょっとしたためておこうかと。


>>続きを読む
トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2016/05/07

人を、待たせるということ。

ところで、私は人を待たせるのが嫌いです。
待ち合わせ場所には出来る限り
先に行っておきたい。
遅刻なんてもってのほか、
もし待ち合わせ場所に自分より先に誰かが来てたら
「あちゃー」って思うタイプ。

人を待つのは嫌いじゃないけど
時間が刻々と経過していくにつれ
だんだん心配になっていきます。
待ち合わせ場所を間違えてないか、とか
何かあったんじゃないか、とか
どんどん不安になるので
嫌いじゃないとは言え、あんまり気持ちの良い物でもないですよね。

でも時々、人をうんと長い事待たせても平気な人っていますよね。
悪びれもせず謝りもせず
普通にしてる人。
そういう人は、相手がどういう気持ちでいるか
ちゃんと考えてるのかな?なんて
密かに思ってたりしました。

でも
私は

自分が実は、そんな事をしてたんと気づきました。



大会後3週間も経つのに、有り難い事に
未だに「ストロングマン、完走おめでとう!」と声をかけて下さる方がたくさん居ます。
仕事でお会いする方もそうで、
「ホントにアンタは頑張ったさ!!」と
過分にほめて下さる方も。
ご年配の方になればなるほど、我が事のように喜んでくれました。
中には涙さえ浮かべて下さるオバァも。

そこで、はたと気づいたんです。


これってみんな、
去年私に声をかけられなかった分だけ
今年はいっぱい声をかけてくれてるんじゃないか?

私、みんなを
ずっとずっと待たせてたんじゃないか?



去年、神様の一人になり天に還った
ヒデコおバァの事を思い出しました。
あの時、あんなに二度と人を待たせないと決めたのに
またしてもやらかしてしまって
神様になったヒデコおバァに合わせる顔がない、って思ってたけど
その他の皆さんも、何も言わなかっただけで
ずっと待っていてくれたんだと
今更ながら気づいて、申し訳ない気持ちになりました。

人を待たせるのは、嫌いです。

だからこそ

これからは絶対、
ゴールで待ってる人を誰も待たせないように。


待たせない為には、どれだけの事をすればよいか。
そこはまた一年、じっくりと腰を据えて取り組むつもりです!


20160507115920f28.jpeg

これは、そんなおバァの1人が
「完走を頑張ったお祝い」と持ってきてくれた大きな袋。

20160507115905ca3.jpeg

ピーマン、山ほど。
トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。