--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2018/04/26

これこそが、私のレース。

というわけで、4月22日(日)
第34回全日本トライアスロン宮古島大会を無事に完走致しました。
例によって備忘録をつけておきます。

去年の夏から精神的に落ちに落ちまくり
例年こなせていた夏のトレーニングがほとんど出来なかったけど
後半は地元の若いトライアスリート達の力を借りて
何とか元気を取り戻せた分、
本番前にはどうやら上手く行きそうだというところまで
心を持ってくることが出来ました。

そう、トライアスロンは私にとっては
心のスポーツです。
心が伴っていないと上手くいかない。
長年出場していますと
その度に様々なトラブルが起こるのが
負の経験として心に残ると
どうしてもそれが足かせになってしまいます。

それをうまく拭ってくれたのが
今年初出場を始めとした、地元の選手たちでした。

早朝、まだ暗いうちから集まって海で泳ぐ。
呼びかければ食らいつくように一緒に練習に打ち込む。
そんな彼らのひたむきさに、今年は本当に助けられました。

当日の朝の海は穏やかで
海の向こうに虹がかかっていました。
「今日は良い日になる!」と確信した瞬間、スタートの号砲が鳴りました。

去年何度も頭を沈められ本気で溺れたトラウマで
今年はとにかく安全にスイムを泳ぎきりたかった。
2周回になり、誰にとっても初めてのコースで
不安はいっぱいでしたが、何とか良い位置取りに成功し
様子見の1周目をクリア。
2周目は1周目よりも早いラップで泳げましたが
安全第一だったので、とにかくリラックスを心がけて1時間4分でスイムアップ。

31093507_2406056329419761_5478119091128500224_n.jpg

笑顔が「今年は溺れなくてよかった!」を物語っています

バイクも引き続き安全運転で。
宮古島大会においてはいつも、私は練習よりも
大会当日の方がゆっくりです。
長い一日、とにかく確実に完走を目指すために
決して無理はせず、終始笑顔をたたえるよう心がけます。

東海岸沿いの向かい風にはなかなか苦しめられたし
湿度90%超えの蒸し暑さも閉口しましたが
条件は皆同じ!!
気を遣ったのは、補給食のゴミを落とさない事と
エイドと声援には必ず「ありがとう!」と返事をすること。

31131759_2406317356060325_6631962944257130496_n.jpg

安全運転に徹したバイク、6時間22分でフィニッシュ。

残るはランだけ。
最初の5kmは全然走れなくて不安になりましたが
この蒸し暑さの中、風の抜ける郡部まで行ければ何とかなる!と
我慢して走ります。
ようやく走りが落ち着いてきた頃、シューズに異変を感じました。
靴紐が何度縛っても緩んでくる・・・
そして、10kmを過ぎた頃から
両方の足の裏に、マメが出来ている感覚が。
しまった…
これは想定できる事態を予測して準備しなかった、自分自身のミスです。

でもここで痛みに支配されたらどんどん負の感情にとらわれてしまうので
ここで声を出して言ってみました。

「こいつは面白くなってきた!!

31131226_2406056429419751_2954168399854305280_n.jpg


折り返しまで見知った顔がどんどんやってきます。
その度に、合言葉に決めた

「必ず、ゴールで!」の掛け声とともにハイタッチを交わします。

どの選手も辛い。
どの選手も苦しい。

でも、その先には何がある?
そしてそれを私は知っているはず!
そして、そこに行けるだけの練習は
私はちゃんと積んできた!!

痛くて辛い時ほど笑顔を作りました。
不思議なもので、口角を上げるだけで気持ちも上向きになります。
そして、私にとっての今までの練習は
速さを求めるものではなく、ここで笑顔で走るだけの強さを養うためのもの。
こんなに長い時間沿道で応援してくれたり
ボランティアで頑張ってくれる人たちに
報いられるのが“笑顔”だと知っているからです。

今年は一度たりとも
「完走できないかもしれない・・・」と言う不安は感じませんでした。
残り時間を考えて、休んだり歩いたりする余裕がありました。

でも、残り7kmの辺りで
吐き気に苦しめられ始めた時はさすがに苦笑。

「これ、去年も同じ目に遭ってるよなぁ

何を飲んでも、それ以上に戻してしまいます。
もういっそ補給するのは諦めよう、と決めて
歩いたり走ったり。

「まだ、心は折れていない!」

しつこく笑顔で。でも暗くなってきたので笑顔を切らしがちにしてたら
友人の一人に「きつそう」と言われてしまったので反省。

ようやくあと1kmに迫った時
「もう終わっちゃうんだ・・・寂しいなぁ」という感情が湧いてきたのには
自分でもびっくりしました。

そして
なんとか

IMG_0199.jpg

いつもの、眩いゴールを迎えることが出来ました!

13時間27分。
制限時間3分前。

人は遅いというでしょう。
待ちくたびれさせてごめんなさい。

でも今年は、「これぞ、私のレース」
と思える大会になりました。

私にとっては、早い遅いではなく
ましてや誰かとの競争でもなく

この日一日、島を挙げて
走っているワタシを褒めてくれる島中の皆さんに対して
心からの感謝を、全身で捧げるレース。

それが出来た事に、心から満足です💕

大会に関わって下さった全ての皆さん。
本当に、本当に有難うございました。

また来年も頑張ります!
スポンサーサイト
トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2018/04/12

今さらですが、白状します。

第34回全日本トライアスロン宮古島大会まで
あと10日に迫りました。

とうとうカウントダウンが始まります。

今日もトレーニングを有志の皆さんと一緒にさせていただいたんですが
「ワタシ、仕上がってるわぁ~💕」とは
到底思えない結果でした。

はい、今さらながら白状します。

19回目であろうが何だろうが
やっぱりこの時期は緊張します!!
こんなんで大丈夫なの?!的な不安は
何年経ってもぬぐえません。いやマジで。

人様より劣った運動神経しか持ち合わせていない私が
毎年こうやって続けて来られた理由は、ただ一つ。

"周りの皆さんに、いつもいつも助けられてきたから"


初心者の頃はもとより、
毎年毎年、私のボロボロになりそうなモチベーションを支えてくれる人が居ました。

応援してくれるオバァだったり
新しく始める仲間だったり
今は休んでいるけどずっと見守ってくれている旧友だったり。

その都度、消えてなくなりそうな気持ちを
どん底から救ってもらえる。
本当に本当に、有難くて有難くて。

その気持ちに応えたい、
それだけを支えに
あちこち傷む身体を前へ前へと進める。

今年も、支えていただけることに

感謝しながら進みます!!


12986951_1372370319455039_6741543210587401159_n.jpg

今年も、あの眩い光の中へ。

合言葉は、「必ず、ゴールで。」

トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2018/03/29

続けていく理由。

またこの時期になりました。
はい、4月のメインレースまで、あと3週間とちょっとに迫っています。

このブログは私の備忘録でもあり
また私自身が行き詰った時、読み返す大事なモノでもあります。

ココだけの話。→ブログに書く時点で(以下略)

ワタシ、来年でメインレース引退、というか
もう辞めようかと思ってました。

毎年毎年この時期胃がキリキリ痛むような思いをするし
加齢に伴ってタイムはどんどん落ちていくばかりで
しんどい想いをこれ以上重ねるのはな~という気持ちが募ってきて
とりあえず来年まで出て、いったんお休みしようかと。

そんなことを考えていたらですね。

うちの職場に来て下さる方が
やっぱりこの時期に、たくさん声をかけて下さるんですよ。

「今年も出場するべき?!」
「頑張ってね、応援するから!!」

その辺の返事としては、
「いや~、だいぶ疲れて来たんで~(;´Д`)」とか
適当に濁してきたのですが

先日、とある方から
言われた言葉に、ちょっとズキュンと来まして。

「うちのオバァは、いつもいつもあなたの事を気にしてて
出場者名簿に名前があるかといつも探して
テレビに釘付けになって姿を探して。
翌日の完走者名簿に名前を見つけたら
それこそ踊ってお祝いしておったんだよ~」


…もう何年も前に、鬼籍に入ったオバァ。
そのお嫁さんに当たる人から、ふいに出た言葉でした。

長いこと、たくさんの地元の人に陰ながら支えられてきたことを
今更ながら、思い出しました。

今日の練習で、そんな支えてくれた人の一人の
血を継いだ若者と一緒になりました。

彼が自分を抜く時に、
ふいにその彼自身の名前ではなく
「〇〇さんの息子」という名称が頭をよぎりました。

誰よりも、その姿を見たかった
今は亡きその人も、

間違いなく、私達を見守ってくれている。

そして、若い世代達も
こんなオバサンと一緒に練習を共にしてくれている。

これ以上の、続けていく理由はないよね?!

今年も、その先も
自分の気持ちが続く限り、頑張っていきたいと思います。

17992361_1861968327161900_1683263293596332720_n.jpg

※自分を鼓舞する為の、去年の画像(;´∀`)




トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/27

初心に返り過ぎました(;´∀`)

さ、記憶がまだ新鮮なうちに
備忘録として完走記書いておかなくちゃです。
(私の完走記はあくまでも来年以降の自分の為なんで

さて。
ランの練習が例年の半分、
しかも一番走り込みたい時期に走れなかった今年の大会は
正直、相当不安でした。
トライアスロンはやっぱりランが一番の要。
でも6時間残れば何とか帰って来られるはず、
スイム1時間バイク6時間半ラン6時間の時間配分を目標に
何とか滑り込む作戦でした。

当日の天気は晴れ、
気温20-23℃、湿度57%、北北東の風5mの予報。
大会には申し分ない気候です。
ウェットスーツも新調したし、イケるはず!と思ってました。

ただ、スイムスタートの位置取りがここで大丈夫かな…という
一抹の不安があったのは
後で現実になってしまいましたが。

スタートしてすぐ、バトルに巻き込まれました。
まぁこれは毎年の事だし、私自身はこの海に慣れているので
周りに「みんな、落ち着け~」と思いつつ泳いでいたのですが

いきなり、3回連続で
ガツンと頭ごと水中に沈められました
恐らく真横を泳いでいた人の腕に、まともに頭が当たっただけだとは思うし
その人もそれがまさか人の頭で、溺れさせてやろうとか思ってやってないとは思います。
ただ、2回目まではこらえられたけど
3回目でとうとう呼吸困難になり
本気で死ぬかもしれないとパニックになりかけました。

スイムでリタイヤする人の気持ちが
初めて分かった時でした


初めてスイムで止まって休みました。
とにかく息を整えない事には進めないと思ったからです。
数分間、呼吸を落ち着けた後
いつもより相当ゆっくりと、再び泳ぎ出しました。
そのうち何とかバトルを回避できる良い位置で泳ぐことが出来ましたが
いつもと潮流が逆だったんだなぁと、後半ようやく気付きました。

スイムアップして時計を見たら
まさかの1時間17分
今年は1時間切りを目指していたのに!!

18157126_1861968627161870_1811120629176180272_n.jpg
それでも生きて上がれて、良かった( ;∀;)

バイクに移ってからもスイムのタイムロスを
しばらくクヨクヨと悩んでいました。
いきなり完走が遠のいた気がしてきて、負けそうな気持ちになります。
バイクの上で声を出して自分を叱咤しました。

「何のために一年間、練習を頑張ってきた?!」
「ふざけるな、気持ちを強く持て!過去の経験に翻弄されるな、
負の自分に負けるな!!」


沿道の応援に何度も涙が湧いてきました。
普段は知らない者同士なのに、
今日は沿道の人がみんな笑顔で私を応援してくれている、
これ以上有難いことはないんだから!

何人か地元勢に抜かれていく中で
「ねぇさん、ここからですよ!!」
声をかけてもらったことで
ようやくスイッチが入りました。

そこからはアゲアゲでバイクを漕ぐことが出来ました。
練習ではヘバッてた場所も難なく走れます。
お高そうなTTバイクを坂で抜けたりしたので、さらにアゲアゲに
(あとでまた抜かれましたが)

うん、バイクは楽しかったです!
すごく強化した、というほどでもないけど
去年より数秒早い6時間20分03秒でフィニッシュ。

18121738_655643261299373_6842622695342546074_o.jpg
真謝の坂でアゲアゲのBGMに合わせて歌って踊りながら登ってるところ

ランのスタート時、残り時間は5時間52分。
6時間切ってしまいました…
ちょっと油断したら、だいぶ完走が危うい。
ここでまた気持ちが萎えそうになりましたが
今年のテーマは"初心に返る"
過去の負の経験に翻弄されない事、
初出場の時のように最後まで諦めない事が目標でしたから
「行きを2時間30分、帰りを3時間ちょっとで帰ってこられたら行ける!!」と
とにかく走り出しました。

18157207_1861968610495205_9040816553359048036_n.jpg
まだまだ元気な頃。

その最中もいろんな邪念が頭をよぎります。
ランの練習不足が、どうしても自信の裏付けにならず
あれだけ走れてた去年の大会とのあまりの違いに
またしてもクヨクヨし出してたのですが
同じ地元勢で、過去何度も完走を果たせなかった選手が
悲願の完走を目指し執念の走りで止まらず突き進む姿を見て、
「ワタシに足りないのはこれだ!執念だ!」と
止まりがちな脚をその都度叱咤しました。

辛いのはワタシだけでは無い。
みんな、完走したくて同じ道を走っている。
誰も諦めてなんていない!!

そして、すれ違いざまに貰った言葉。

「必ず、ゴールで!」

この言葉が胸に突き刺さりました。
そう、何があっても必ず、必ずゴールで!!

後半折り返し、涼しくなってきたら
去年同様少しでもペースを上げるつもりでした。
でも、何だか吐き気と目まいがしてきた・・・

あぁ熱中症だ 
十分な水分摂取をしたつもりだったけど、湿度の低さに騙された・・・

脚が止まりがちになります。
関門までの時間を回らない頭で必死で計算し
2つの関門を何とか若干の余裕を持ってすり抜けました。

あと6km足らず、の場所で
制限時間1時間前の花火が上がります。
後はいつものブリックランぐらいの距離、
大した事ない、あともう少し!とか思いつつ
脚はどんどん止まりがちに。

同じ選手に声をかけてもらって引っ張ってもらったり
ランナーの同僚やトライ仲間に伴走してもらったり。
沿道の応援に笑顔で応えたくても
片手を力なく挙げるのがやっと。

周りに「まだ間に合う、頑張れ!」とか
「歩くな、走れ!」とか声を掛けられて
それこそ初出場の時を思い出して、心の中で苦笑してました

そして今回、初めて
ダンナが逆走して迎えに来てくれました。
どうやら相当やきもきしていた様子。

何とか3~4分前ぐらいに競技場のゲートをくぐれた瞬間、
私の顔はものすごい泣き笑いだったはず。
あの時誰も写真撮ってないでしょうね?

17992361_1861968327161900_1683263293596332720_n.jpg
ようやく笑顔が( ;∀;)

応援してくれた仲間と一緒にゆっくり走っていたら
「必ず、ゴールで!」のオニイサンに抜かれました。

さすがです。
約束、守ってくれました!!

ラン、5時間51分46秒。
総合タイム、13時間29分46秒。

制限時間14秒前のオンナ、
女子最終完走者の称号を手にすることが出来ました

…今年も何とか完走出来ました。
14秒前でも完走は完走、
あの大会終了の花火を競技場の中で見られて良かった。

もちろん終わってみたら反省点はいっぱい。
悔しい気持ちもいっぱい。
でも、今はゆっくり身体を休めつつ
大会に携わってくれた全ての人達に心から感謝しつつ

あと360日足らずに迫った
来年の大会に向けて、頑張りたいと思います!!

ありがとうございました!
トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/19

毎年、この時期になると思い出すこと

とうとう大会まで後4日に迫りました。
この時期はとにかく休養を優先し
自分の身体の疲労抜きに専念しています。

なので、少しだけヒマが出来る分
色々な焦りや、身体の緩みによる痛みに対する不安感も出てきます

はい、何年やっても慣れません。
何故かと言うと毎年私はギリギリ完走レベルな選手。
今回は怪我もしちゃった分、心配がないと言えば嘘になります。

そんなこの時期、毎年決まってすることがありましてですね~

自分のブログの過去記事を読み返すこと
沿道に増えてきた応援幕を眺めることです。

そもそもこのブログは8年ぐらい前に
手術をしてから付け始めたものでした。
貧血がひどくなり、それまで連続完走していた大会を
10回目にしてリタイヤしてしまい、手術を決意。
術後の経過を別のブログに綴っていたのを
いつまでも術後とか言ってらんないな、と思って引っ越したのが始まりでした。

トライアスロンを続けたい。
どれだけ鈍足でも良い、
続けられる限り、現役の人でいたい。


それが最初からの私の一貫した想い、なはず。

でも日々の生活の中で
やっぱり欲も出たり、若い人たちと比べたり
そして勝手に一人で落ち込んだりモヤモヤしたり、
そんな凡人の私がもがいているのは

今年だけじゃない、と再認識するのに
自分のブログの読み返しは最適です。

毎年進歩しない自分に苦笑しながらも
「うん、やっぱり今年も
例年通りじゃん!いい感じに仕上がってる!」
と思えます。

そして通勤や買い物の時に
片っ端から応援幕を見まくります。

そこに込められた家族や友人達の想い、
そしてその選手自身の想いに心を寄せて

涙ぐむのです。←キモいオバサン


全てに感謝。
またこの舞台に立てることに感謝。

12986951_1372370319455039_6741543210587401159_n.jpg

さ~~!!

今年も、あのまばゆいゴールゲートを

皆を引き連れて、ゴージャスにくぐるよ!!!

トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。