--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/03

実は・・・不倫しています。

ずっと黙っていました。
人に決して知られてはいけない、
だから沈黙を守って来ました。

私には、私を心から愛してくれる主人が居ます。
毎晩一緒に眠るし
朝はいつも熱い抱擁を求めてきます。

主人が私を全身全霊で愛してくれるのも分かっています。
私が主人無しには生きていけないことも。

でも・・・

出会ってしまったんです。

主人よりもずっと若くて溌刺として
怖いもの知らずで、でも甘えたがりで。

初めて会った時から
いけないと思いつつ、惹かれてしまう自分が居ました。

そして今は、主人に申し訳ないと思いつつ
主人の眼を盗んでは、こっそり逢いに行きます。
ここのところはほぼ毎日・・・

ごめんなさい。
本当はいけない事だと分かっているのに・・・

帰宅後、いつも主人がいぶかしげな眼で私を見ています。
知られてはいけない、主人以外の想い人がいるなんて。




・・・彼を、この場だけでこっそり紹介してもいいですか?



>>続きを読む
スポンサーサイト
猫たち | Comments(8) | Trackback(0)
2010/10/25

まだ若いのに

ちょっと前の話なんですけどね。

うちのミケ、基本的には健康優良児なのですが
ある日帰宅すると

しきりに口の周りを気にして、よだれまみれになっていました。

「なになに?!どうしたの!?!?
何か悪いものでも食べたの?!」


普段元気な猫なだけに、何かこういう不調があると
ものが言えない相手なだけに不安で不安でしょうがありません。

慌てても獣医さんは終わっているので
まんじりとしない一夜を過ごし、その翌日に獣医さんに駆け込みました。

獣医さんにこじあけられた口の中を見てみると

・・・牙が、あらぬ方向を向いている・・・

歯肉炎が悪化し、歯茎が弱った為
数本の歯がぐらぐらになっており、痛みの為によだれを垂らしていたことが判明。


なんと全身麻酔で、悪い歯を全部抜歯する事になってしまいました。

本来年配の猫にありがちなこの症状ですが
時々うちのミケみたいに、若年でも起こるそうです。

そして

CA331721.jpg

...こんなに抜かれてしまいました。

ごめんよミケ、気付いてあげなくって。
つかお前いつも健康的なカリカリごはんが好きだし、他の猫たちも同じもの食べてるのに
何でお前だけ歯肉炎になっちゃったんだろうね?


でも正直他人事ではないですよね。
人間だって歯は大事。

そろそろ自分も歯科検診の予約から逃げないでおこうと
堅く誓いました?。
猫たち | Comments(8) | Trackback(0)
2010/05/31

女王さま、お風邪を召される。

ずっと天気が定まらない南の島。
人間でも体調管理が大変な今日この頃ですが

この度、我が家の女王さまが
生まれて初めてお風邪を召されました。(~_~;)

2?3日前からクシャミ・鼻水が止まらず
お食事も進まないご様子で
静かに体を横たえて、じっとご療養なさるそのお姿に
下僕は流れる涙を禁じえません。。・゚・(ノД`)・゚・。

CA331530.jpg

人間の1日は、猫の4日に相当するらしいです。
そうなると10日以上も苦しい想いをしている事になる?!と思った私は
ご無礼を承知で嫌がる女王さまを幌付馬車(ケージ)に拉致し
近くの侍医にて注射3本と飲み薬を処方して戴きました。


もちろんしばらくは、女王さまの延々と続く愚痴を
聞かされる羽目になりましたが
生来丈夫な性質の女王さま故に心痛極まる私の気持ちを
察してもらうべく、夕餉は新鮮な刺身を献上いたしましたとも。


でもそんな状態でもパンは焼きます。 ( ̄m ̄*)
今日はハイジの白パンをイメージした究極のふわふわパンを♪

foodpic363615.jpg

んー。
焼き色が付き過ぎましたが、ふわふわ度はまぁまぁ。
これは本当にべたつく生地なので捏ねてる最中むきーーーっとなりましたが
久々の割には何とか上手く行きました。
ブルーベリージャムとかピーナッツバターとの相性は抜群です!

レシピ:
はるゆたかブレンド 300g
ドライイースト   3.6g
塩         3.6g
砂糖         12g
無塩バター      12g
牛乳        234g

艶が出るまで捏ねたら6等分してベンチタイム15分。
その後ふんわりと丸めなおし、表面に強力粉をまぶし
お箸なんかで中央をぎゅっと押さえて筋をつけて二次醗酵40分ぐらい。
二次醗酵後の焼き時間は190℃で余熱後、170℃に下げて5分、
さらに160℃に下げて10分ぐらい。

最初の混ぜの時は菜箸とかしゃもじである程度べたつかなくなるまで捏ねた方がいいかも。
猫たち | Comments(4) | Trackback(0)
2009/11/28

後を絶たない

ジョギングに出かけたら、月夜に照らされた
人気のない建設中の貯水溝の傍から
みゃあみゃあ声がしました。

「あぁまたかー」と思いつつ見に行くと
生後半年ぐらいの子猫。

チンチラ辺りとのミックスのようで
毛がまっふまふ♪
そしてものすごく人懐こい!!

お腹が空いているだろうと猫ゴハンを取りに一旦家に帰り
戻ってきたらゴハンにかぶりつくので
とりあえずジョギングを続行しようとしたら

後からついてくる??汗

お腹が空いているだろうに、それよりも人の後追いをする子猫。
抱かれるのも大好きらしく、ゴロゴロ言います。
しかたなくジョギングを一旦中断し、家に連れ帰りました。
先住猫に引き合わせると喧嘩になるので、娘の部屋に軟禁し
改めてまたジョギングに出かけました。

家に戻ると、まるで数年前から我が家の仔だったように
お腹出してくつろいでいます・・・
でもこのまま家に置いておくと、先住猫達にとっては大きなストレスになるので
急遽知り合いの家にお願いし、預けに行きました。

そこの家でも「数年前から住んでいた」ようにのんびり過ごしていたとか。(^_^;)

今日、午後から獣医さんのところに連れて行き
迷い猫の届けが無ければ避妊手術と予防注射をしてもらって
そこで里親募集をかけてもらいます。
これで何匹目だろう・・・正直お財布に痛いですが
見殺しにして後日後悔するよりは、よっぽど気持ちが楽になります。

それにしても、絶対生まれた時から人に飼われていたに違いないこの子猫。
こんなに人を信頼しきっているのに、何故捨てられるんだろう?
迷子になったなら納得が行きますが、人里離れたところに一人ぽつんと居た所を見ると
どう考えてもわざわざここまで連れてきて捨てられたとしか思えない状況です。

猫好きとしてはホントに辛いな?。
事情が許せば何匹だって養ってあげたいのですが
5匹の先住猫との相性もあり、なかなか上手くは行きません。(>_<)

その子猫の画像はあえて撮りませんでした。
次のおうちで幸せになってもらう事を願って。

なのでオマケ画像は、我が家の猫たちです。

CA331192.jpg

この仔たちも、元は捨て猫でしたよ?。
猫たち | Comments(10) | Trackback(0)
2009/09/12

寝ずの看病

実は昨日から愚息の体調が悪くて
ずーーっと明け方まで看病しておりました。

最近ちょっと下痢気味だなとは思っていたのですが
昨日帰宅すると様子がおかしい。

頻繁に嘔気(吐きたいのに吐けない様子)があり、食餌も取れない様子。
気付いた時には獣医さんも閉まっており
どうしようもないので、とりあえず様子見ですが
何とか食べられそうなものを用意したり
嘔気がある時は背中をさすってみたり。
いつもの腕白坊主が、打って変わって
あまりにきつそうにしているものですから心配で心配で。(涙)

予測もしなかった病気で長男猫を亡くし
不慮の事故で次男猫を亡くしている私は
末っ子愚息のちょっとの体調不良にもドキドキしてしまいます。

猫は当然、私たちより短命で
幸せな蜜月は長く続かないのは分かっていましたが
突然幕切れを迎えてしまった前の子達との生活には
悔いが残るばかりでした。

「あとでね」
「今忙しいから」
「来月には」
「来年には」

・・・猫に、未来形の概念はありません。
その日一日を大事に生きる事、それが全てです。
明日が来る保障はどこにも無いから。

猫たちにそれを教わってから、私もあんまり先の予定を立てず
その日一日を大事に大事に生きていこうと思いました。
猫に教わる事はいっぱいあります。

そんな事を考えながら明け方まで愚息に添い寝していました。
嘔気はまだあるものの、とりあえずだいぶ小康状態になってきたので
休みの娘に後を託し、出勤してきました。
今日夕方までまだ続くようなら、かかりつけの獣医さんに行ってきます!

追記:
ダンナが獣医さんに連れて行ってくれて、診断の結果
「急性胃腸炎」との事でした。
注射3本も打たれて、愚息は不本意顔で帰宅したそうです。(苦笑)


で、今日のオマケ画像。
数日前に撮った、愚息の「納豆猫」動画です。
早く元気になって納豆食べておくれ?の想いを込めて。

猫たち | Comments(10) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。