2012/03/26

夫婦ではなく、ソウルメイトに。

うわ、随分間が開いてしまいました。(-_-;)

言い訳ですが、また自宅のPCが壊れてしまい
新しいPCへの移行作業に手間取ってしまってました。

やっぱり中古のバルク品は当たり外れがありますね~(^_^;)
今度のは安いけど新品なのできっと大丈夫!・・・なはず


さて。
更新こそしてませんでしたが、お陰様で元気で過ごしておりました。
4月に向けてのトレーニングもまぁまぁ順調です。

そんな中、先週末に
トライアスロン仲間同士の結婚披露宴に出席させて頂きました。

思い起こせば彼らとのお付き合いは2年以上前になります。
私が出会う前から二人は既に親しい間柄ではあったようですが
ちょうどその頃はお互いの歩むべき道に、随分と迷いがあり
双方からの相談に相当な時間を割いてお付き合いをしたものでした。

その頃よく言われたのが、「ゆぃさん達みたいな夫婦が理想なんですよ」って言葉。

で、その頃よく答えていたのが

「私たちは夫婦である以上に“ソウルメイト”なんだよ」って返事。

ソウルメイトとは、文字通り魂の友達という意味で
互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人のことです。

ただの夫婦ならここまで仲良く出来なかったかもしれません。
何故なら、恋愛はいつかどうしても醒めてしまうものであり
その先はどうしても日常の惰性に流されてしまって
いつしか相手に何の魅力どころか、悪いところばかり見えてしまうものだからです。

経験者は語る(^_^;)

手前味噌ではありますが、
私たちは結婚生活が干支を回った今でも
やっぱりお互いを尊重し高めあう存在として
とっても大事にしています。
男女を超えた深い愛情と繋がりを確信する相手は
世界中を探してもお互い以外はいない、とよく話しています。


ただのノロケか

でもね。
トライアスロン同様、「自分(達)には無理」って思ったら
そこで終わりなんだよ。
ましてや相手が居る事なんだから、たゆまぬ努力を続けてこそさ♪

トライアスロンも夫婦も、一日にして成らずっ!!


という訳で。
今日のおまけ画像は、そんな新郎新婦から
「愛のキューピッド役をありがとうございました」と頂いた、感謝の花束です。





生花は放っといたらいつか絶対枯れるけど
プリザーブドフラワーとかドライフラワーとか
いつまでも美しくいられるための手段は
いくらだってあるんだよ。

要はその手間を惜しむか惜しまないか。
なんだってそうだけど、恋愛や結婚は特にそうだよね
スポンサーサイト
島の暮らし | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME |