2012/09/23

我が愛しのガールズ★

ここ数ヶ月は、私が“ガールズ”と呼んでいる
トライアスロンを初めて2~3年目ぐらいの初々しい女子達と一緒に
練習するのが主体になっております。

自分一人での練習ももちろん欠かしませんが
どうしても独りだと自分に甘くなる(=スピードが緩くなる)事が多くなってしまいます。
ガールズと一緒に練習することによって
遅いながらも私なりに追い込む事ができるので
大変有難いです。

そのガールズも、トライアスロンを始めたばっかりの頃は
私と同じか、ヘタしたら遅かったくらいだったんです。
でもたゆまぬ努力を重ねた結果

メキメキと頭角を表し
今では私など足元にも及ばない早さに


でも、それも道理。
何故なら彼女たちは本当に練習熱心で
他の誰よりも頑張っているからです。

つくづく思います。
誰でもスタートは一緒だと。

もちろん持って生まれた運動能力とかはありますが
持久系のスポーツに関しては、後天的な努力が99%だと思います。

そして、彼女たちに共通しているのは
決して自分を擁護する言い訳をしないこと。

誰しも社会人ならば忙しいし、最初は出来ないことの方が多いはず。
でも、決して他人を羨む事無く、あくまでも淡々と自分の出来る範囲で
練習を重ねる彼女たちの、努力が実らない訳はありません。

私自身もトライアスロンを生涯の趣味としてやっていきたいと考えています。
これ以外の趣味はパン焼きぐらいですが(苦笑)
正直、トライアスロンは他の趣味や遊びと並行してやれるほど
そこまで気楽なスポーツでは無いと思います。
(これは特に私が歳を重ねて、去年の自分を維持するのが大変になってきたせいもありますが


やるからには、周りに恥じないように全力で。

CA3K0439.jpg


スポンサーサイト
トライアスロン | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME |