--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/25

現実と向き合う(;・∀・)その2

ところで、私にはもう一つ
長年見てみぬふりをしてきた事がありました。

それは

“腹筋(体幹)が弱い”と言う事です。


元々腹筋が強くないのは重々自覚しています。
若い頃から「どうよ!」とばかりの偉そうな態度…いえ姿勢で
いわゆる「胸を張ってアヒルのように腰を突き出し、ガニマタで歩く(オードリー春日のイメージ)」感じです。

腰が反るせいかしょっちゅう腰痛は勃発するし
ランやバイクの後はいつも腰が重~くなっていました。

加えて開腹手術をして腹直筋に傷を作ったせいか
余計に腹筋が人より弱いと認識しております。

それでも、3年ぐらい前からコアトレーニングを意識はしていて
出来る限りのケアはしてきたつもりです。


でも


それは


あくまでも“つもり”だったらしい


それを思い知らされたのが、今回体験してきた

946870_156809131157251_1332755328_n.jpg

フィットネススタジオ ボディー&ブレインさんでのエクササイズ。

542898_292457810844528_784329031_n.jpg


一周年記念ということで無料体験会があったのですが
そこで色々チェックしていただいたところ


私、「膝立ての上体起こし」が出来ませんでした

zu2_1_2.jpg

↑こういうやつね。
上体を完全に起こすことが不可能です私 


それどころか

「両足の母指球に身体の重心を置いたまま、親指と小指を交互に動かす」というのも

出来ませんでした…

CA3K1031.jpg

↑自宅で再度ものすごく頑張って再試行しているところ。やっぱり出来てません。(必死さが伝わってきませんか?)

「いやー、アスリートだからもっと色々なプログラムを考えていたんだけど
あれだね~、“ワイドー教室(地域のお年寄り向けプログラム)”から始めた方がいいかもね!



実はこのスタジオの主宰をしている彼とは10年来の家族ぐるみのお付き合い。
住まいが隣同士だった頃もありました。
なので忌憚ない意見を言ってくれて有り難いのですが


私はやっぱりアスリートと名乗ってはいけないと自覚しました


しかし!

私の最大の目標である“ストロングマン大会に連続30回以上出場!”に向けて
この際恥も外聞もありません。
まだまだ折り返し手前、今までは勢いでやってこられたかもしれませんが
これからはガタピシ言い出した身体に鞭打つのではなく
日頃からしっかりメンテナンスしながら、遅いながらも長持ちする身体にしないといけません。

そして偉そうな態度姿勢を正し、効率のよい動きが出来るようになれば

でも、自分では十分意識してやっているつもり・出来ているつもりでも、意外と全然出来ていないもの。
なので、しばらくは面倒みてもらうことにしました。

せめて膝立て上体起こしがラクラク出来るようになるまで 

スポンサーサイト
トライアスロン | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。