--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/10/22

第5回エコアイランド宮古島マラソン

というわけで、第一回目から連続出場している

エコアイランド宮古島マラソン
今年も出場してきました!\(^o^)/

このマラソン、毎年10月下旬に開催されるのですが
今年は早めの10月19日開催。
本土なら既に秋なんでしょうが、この島は
十分夏です、何なら泳げます

加えて今年の夏は、随分暑さが長引きました。
梅雨明けから超LSDを開始し、暑い盛りに灼熱ランを頑張ってきましたが
余りの暑さに8月の下旬からいい加減夏バテみたいになってしまい
肝心の9月には、さほど走り込めないどころか
「もう走るの嫌だ」ぐらいの状態にまで落ち込む有り様

それでも9月の下旬から、ようやく気温が30℃をわずかに下回るようになり
体調も回復してきたので、そこからは出来る限り頑張ったつもりが

直前にまさかの腸不調←ダジャレではない

年に何回も起こさないこの不調が、レース5日前に勃発だなんて
ついてない・・・
でもこれは自分の体調管理の甘さと諦めるしかありません。( ;∀;)
そして迎えたレース当日。

10710726_985892798102795_2985333853981765234_n.jpg

懐かしい島外のお友達も一緒です♪

いつも飽きるほど走っているコースですが、やっぱり大会は気分が上がる!

きちんとレースプランを立ててはあったので、その通りに行こうとは思っていました。
目標タイムは4時間30分。
10kmを1時間3分のイーブンペースを目安にしていました。

10339744_653282391452411_4509707029071044704_n.jpg

気温28℃、湿度80%。
やっぱり暑くて顔中から汗がひっきりなしに吹き出してきます。
でも往路は下り基調、ある程度走れば呼吸も落ち着き
あとはペースを淡々と刻むだけ、と思っていた矢先に

腸不調、お越しになりました

コンビニのトイレに駆け込むも、混み合っています。
待っている時間がすごく長く感じ、実際他にも待っていた人は
「時間がもったいない!」と引き返していきました。
ただ、私は地元で次にトイレがどこにあるかは分かっていて
そこまで保つか自信が無い以上、待つしかありません。

待っている時間が刻一刻と過ぎていき、焦りは増すばかり。
でも「恐らく、先に入っている人も同じように腸の不調に悩まされているんだろうなぁ、仲間だ(・∀・)」とか
「休んでいるこの間に呼吸と脚を整えられたからいいじゃないか」などと
一生懸命ポジティブに考えました。

ようやく全てを済ませてコースに戻った時のランナーの少なさを見て
やっぱり気持ちが一気に落ち込むのが分かります。
その後焦ってオーバーペースになりそうになったり、時計を見て
大幅なタイムロスに落胆したり。

ここらへんで、もう時計を気にするのは止めました。
キロ表示すらチラ見する程度で、
「私は後半に強いんだから大丈夫!!」と自己暗示をかけて
とにかく来間大橋へ進みます。

ここに来ると、折り返してくる選手と対面できるので
随分元気がもらえます!
ダンナともハイタッチ、いつも私より早く走る選手との距離を測ったり
トイレロスで置いて行かれたラン友との間合いを確認したり。
そして橋のたもとで折り返してからは

ギア切り替えました。←もちろん気持ちだけですが

去年脚が痙攣したポイントを無事にやり過ごしてからは
前を行く、ペースが落ちてきたランナーを一人、また一人と
拾っていく作業に徹しました。

下地線で“函館のイカ”さんと抜きつ抜かれつを繰り返し(笑)
トゥリバーの折り返しでラン友にあともう少しのところまで追い上げつつも
再度のトイレロス
それでも自己暗示が効いたのか、はたまたカフェイン入りのジェルが効いたのか
攻めの気持ちが途切れずに、一歩も歩かずに行けました。
最後の最後でラン友の一人をキャッチ出来たし♪

でもやっぱり目標には及ばず。

4時間42分58秒。
去年の同大会より3分遅く、
ベストからは16分遅いゴールになっちゃいました。
そして、お誕生日前なのに何故か50代に換算されてて、年代別女子3位。
ここは喜んでいいところなんだろうか

でも、後半はそれなりに楽しく行けたし
1月に控えているワイドーマラソン100kmの部に向けての
良い練習にはなったと思います!
アフターレースも最高に楽しかったし、
終わりよければ全て良し、って事にしておきますっ♪

10702112_984638781561530_6875909818063992170_n.jpg

しかし、あの暑さでの仮装ランナーさん達はスゴすぎる!
お疲れ様でした~!
大会関係者の皆さん、沿道の応援の皆さん、
ボランティアの皆さんにも心から感謝ですっ

スポンサーサイト
島の暮らし | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。