2015/07/24

トライアスリートたるもの。

・・・って、声を大にして主義主張を唱えるほど
私は早くもないし偉くもないので
ヒトサマのブログで問題定義された事に対して
自分なりに考えてみるしか無いんですよね。

人気ブロガー「るみおかん」さんのブログで提唱された
スイム競技前日の飲酒禁止を提唱します」に対し
意外と、というか想像通り、というか
「飲酒禁止」に対してずいぶんな反論等があったとの事。

私自身はお酒ダイスキで、週7日飲むタイプなので(苦笑)
「あ~、休肝日作らなくっちゃ」とか思いつつも
夜になるとプシュッとやっちゃう意志の弱いオンナです。

それでも、大会一週間前からは禁酒に入ります。
とても名残惜しいのですが、それまでの一年の大半をトレーニングに費やしてきた成果を
最大限にもたらす為には、必要不可欠の事だと思っていて
これ、もう17年ぐらい続けています。

でもこれをヒトサマに強くオススメする気はないです。
ましてやヒトサマのやっている事を頭ごなしに非難するつもりもないです。

どんな事でもきっとそうですよね。
いいオトナになればなるほど、上からモノを言われることに対して
必要以上に頑なになる、ってありがちだと思います。

今は個人が、みな声高に権利ばっかりを主張する時代になっちゃってる気がします。
でも、実際に事故が起こって大会の存続が危ぶまれるようになった時に
結局困るのは、選手である自分たちなのにな~って思うことは多々あります。

何のためにトライアスロンをするのか。
その理由も、実は個人でマチマチで
常に高みを目指し自己研鑚に努めるための手段、と言う人もいれば
仲間とワイワイ楽しむため、と言う人も。
その温度差を一概に「トライアスリートたるもの」で一括りにするのは
とてもとても難しいかな、って感じました。

でも、私自身のトライアスロンに対する想いは
「“どん底から救い上げてくれて、人生を変えてくれたもの”に対して
今までもこれからも畏敬の念を持って、一生かけて臨むもの」なので
儀式としての禁酒は、ずっと続けていくつもりです。

あぁ何かとりとめもない文章になってしまった。
まぁ、独り言ということでひとつ。

201505061401081a5.jpg

海は偉大です。
命の源であり母であるが故に
時には私達に、とても厳しい。
スポンサーサイト
独り言 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |