--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/08/20

一夏の体験(*´∀`*)

というわけで大腸内視鏡検査、受けてきました!

どういうわけかというと(笑)
職場の検診で便潜血が引っかかっちゃったんですね~(;´Д`)
でも、以前から大腸内視鏡検査は受けてみたいと思っていました。

よく皆さんに変だと言われますが
私内視鏡検査大好きなんですよね~
胃内視鏡もそうですが、すぐに結果が分かるのが一番好きです。
それに自分の体の内部をリアルタイムで見られるなんて素敵じゃないですか!

でも何と言っても初体験(笑)
事前学習をしておくに越したことはない!と色々お勉強して臨みました。

曰く、大腸内視鏡検査が苦痛なものになるかそうでないものになるかは
ひとえに事前の食事制限にかかっていると言っても過言ではないそうです。

「低残渣食」いわゆる腸内にカスを残さないような食事を
3日ぐらい前から心がけるのが肝要との事。
繊維質の多い野菜や果物・揚げ物・脂分の多いものは全てNG、
そして前日はおかゆやうどんのような消化の良い物のみを、との事なのですが

糖質オフ生活にはおかゆとかうどんは存在しないのです

普段は肉三昧だし脂も不可欠なので、その辺がちょっと辛い!

なので2~3日前まではゆで卵や鶏ささみなどでしのぎ
前日は「豆腐・卵・玉子豆腐」のみで過ごしました。
前日の夜は絹ごし豆腐に酢味噌かけてデザートはプリン、みたいな

水分は多めに、そして前日の午後に粉薬の下剤、
夜寝る前に錠剤の下剤を飲みました。

で、いよいよ当日。
病院に行って受付を済ませると
早速
どどん!
201508201344538c7.jpg
(あえてデカい画像で)

これですよ。
大腸内視鏡検査の難関、2リットルの下剤。
正確には腸の洗浄剤です。
これを1~2時間かけて全部飲み干すのが一仕事!

美味しく飲めるように?冷やしてくれてはありますが
味は「ポカリスエット海水風味」とでもいいましょうか、とにかく美味しくない。
同じように時間と味を持て余していた、同じ検査を受けるオジサマ方と
“飲み友達”よろしく励まし合いながら飲み進めます。

そしてトイレに通うことになるのですが
5回目ぐらいに看護師さんに便の形状チェックを受けるのです。
尿なみに透明度が高く、何も混ざっていない状態になるまで
私は結果的に10回近くトイレに通いました。
それでも食事制限をしっかりやった私はやはり比較的早く検査可能な状態になりましたが
オジサマ達二人は食事制限をほとんど守らなかったらしく
何度もダメ出しを食らい、一人のオジサマはとうとう下剤の追加までさせられていました。

やっぱり食事制限は重要!

デトックスが完了した私、担当医師の到着を待って
いよいよ検査です。
ヒップの部分が割れている、使い捨ての検査パンツに履き替えて
まな板の鯉になりました。

2015082013451576a.jpg

ところで私は内視鏡を麻酔なしでするのが好きでして
今回もぜひ麻酔なしで、医師と一緒にモニターをリアルタイムで見たいと思ったので
その旨お願いしておいたのですが、やっぱり初めての大腸内視鏡は緊張します。
なので、「痛み止め」と称する注射はお願いしておきました。
初体験が痛いと、苦い思い出になっちゃいますからねぇ'`,、('∀`) '`,、

で、(実は顔見知りの)医師と楽しく談笑しながら
一緒にモニターを見てました。
自分が見る限りでもなかなかに綺麗な大腸内部。
「マル腸食べたいな・・・」とまで思うぐらい。
腸の曲がっている所はさすがに抵抗を感じましたが
それも深呼吸とかで何とかしのげるレベル。
ある意味拍子抜けするぐらいあっさりと、検査は終了しました。

結果は、特に異常なしとの事。
大腸憩室が幾つか見つかりましたが、これも今のところは問題ないでしょうと言われました。

いや~、終わってみたらあっけない検査でしたが
事前の食事制限と2リットルの下剤は聞きしに勝る感じでした!
それでも、今後は年に1回は受けようと思います。
大腸がんは初期だと自覚症状が無いらしいし、
やっぱりお年頃的にも、定期的なメンテは欠かせないですからね♪

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。