--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/10/18

親知らず抜きました( ;∀;)

子供の頃から虫歯とは切っても切れない縁がありました・・・
自慢にも何にもなりゃしないですが。

小学生の頃から、長期休暇となれば歯医者通いを
させられた記憶があります。
歯医者さんって痛いし、(当時の先生は)とっても怖かったので
叱られるのが嫌でサボってはまた痛くなっての繰り返し。
オトナになって歯磨きは励行するようになったけど
磨き方が良くないのか、やっぱり永久歯も虫歯になりました

今はとても良い治療法が出来ているようですが
やっぱり昔のこと、削ったり神経を抜く治療を繰り返した結果
奥歯はボロボロになってしまったみたいです。
特に、トライアスロンとかの持久系のスポーツを始めてからは
無意識に噛み締めてしまうのか、歯が割れたりしてしまいました。

今回もそんな感じで、入れていた装具がガチっと言う音と共に外れ
慌てて歯医者さんに装具と共に駆け込みましたが

「あ~・・・この歯はもう寿命ですね」と宣言を受けちゃいました。

2年前に治した時、「この歯は次回何かあれば、もうそこで抜歯になる可能性が高いです」と
予め予後は説明されてはいたものの、やっぱりガッカリです。
親知らずと呼ばれる歯でも、出来る限り残したかった・・・

で、昨日抜歯してきました

「抜歯します!」と意気込んで予約を入れたはずなのに
予約内容が何故か「歯のお掃除」になっていてズッコケたんですが
「せっかく覚悟して来たんですからお願いしますっ!!と懇願して
いよいよ抜歯。

心臓がドキドキしてきました・・・

というのも、実は親知らずの抜歯は二回目。
以前は左の下の親知らずを抜いたのですが
その時はミシミシ言って超痛かったし
抜歯された歯のデカさにビビったし
出血が止まらなくて朝起きたら布団がスプラッタ状態になってたしで
覚悟を決めたとは言えアワワワとなりかけましたが

そこは、オトナですから

麻酔チクッとした・・・・
引っ張られてる上唇痛い・・・
一旦中断してもらい「スミマセン、唇が痛いので引っ張らないで下さい」とお願いした後は

・・・あれ?
意外と痛くない?!


そして
「はい!取れましたよ!」と出された歯は
下の親知らずに比べて

ちっちゃ★

止血のガーゼ噛みながら終了。
意外とあっけなくてびっくりでした。

出血もそれなりにあったけど就寝前には治まり
今回は布団をスプラッタにすることもなく
痛み止めは念のために一度だけ飲んだけど
その後はほとんど痛みもなくて、ホントに拍子抜けって感じです。


上と下って、こんなにも違うのですね、親知らず・・・

201610180922408f5.jpg

ちなみに今回、抜歯に踏み切った理由は
本格的にトレーニングに打ち込む前に決着をつけたかったから。
これで3~4日は激しい運動は控えないといけませんが
ちょうど仕事も忙しく、しばらくはやりたくてもやれないと思うので
いっそこのタイミングで!と決断した次第です。

つか

ホント歯には長年悩まされますわぁ・・・
健康な歯の持ち主が、心から羨ましいです!

宝くじ当たったら、インプラントにしようっと♪

201610180922586c8.jpg

ちなみに、うちの猫は抜歯の先輩です。
ひどい歯肉炎になってしまった為、獣医さんと相談の上
何本か抜歯しました・・・
「可哀想!!」と思うかもしれませんが
痛くてゴハンも食べられず衰弱してしまうよりはとの苦渋の選択でした。

結果、以前よりゴハンもモリモリ食べられるようになったし
病気知らずになりました!
こうやって抜歯した猫はうちには2匹います。
彼らだけに痛い想いはさせない!というのも一因だったりして。

しかし、こうやって抜歯の必要な猫も居れば
同じ親から生まれた兄弟猫はすっごく歯が丈夫で歯肉炎知らずです。
この差はどこから出てくるんだろう・・・

とにかく、皆様もご自愛下さいませ♪
歯の健康は全身状態に直結しますよね!
以上、私の備忘録でございました~
スポンサーサイト
歯の治療 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。