2010/01/02

1月2日は

・・・実は我が娘のお誕生日だったりします。(^∇^;)

いつもいつもクリスマスとお正月のどさくさに紛れ
ちゃんと祝ってもらってないとの娘からのクレームもあり
今年は頑張ってそれなりに祝ってみました。

まずは、娘のリクエスト「市販のものじゃないバースディケーキを作りたい」
目の前の便利な箱で調べて、色々頑張りました。

148789.jpg

周りの生クリームのナッペとイチゴの薔薇造りは私がやりましたが、
虎好きな娘が書いたチョコの虎(これはアラジンに出てくるジャスミン王女の飼い虎、
ラジャーのつもりです)は娘の力作です。
所々割れちゃったので、福笑いよろしく一生懸命パズル状態ではめ込んだり、
そのせいでナッペがボッコボコになっているのはご愛嬌という事で。(^∇^;)

148790.jpg

周りのハート型のイチゴは、私からの愛です。
歳にちなんで17個あります♪

そしてメインディッシュはイギリス風ローストビーフ。

148791.jpg

1kg超えのサーロイン用牛肉を、赤ワイン(私の飲み残し ( ̄m ̄*))、セロリ・人参等の香味野菜、
そして塩コショウで漬け込みます。
後はオーブンで焼くだけのお手軽料理です。

ある意味、お節や正月料理よりも手がかかりましたが
その分娘に
「おかあさん、ありがとう」と言われたのは
本当に幸せな事でした。 ( ̄m ̄*)
スポンサーサイト
島の暮らし | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
☆お誕生日おめでとう☆
私の会社の先輩も今日が誕生日
子宮筋腫大出血!緊急手術の経験者でこちらでも先輩
でも先輩には今年は年賀状出せなかったので
お誕生日のメール送ったら喜んでいただきました
正月とかクリスマスとかってお祝いされにくいですよね!
ちなみに夫は送り盆なので
帰省に消されていつもイライラするので嫌です!
お誕生日祝う年でもなかろうに(ーー;)

お嬢さんの為のローストビーフだったのですね!
我が家は塩コショウして 野菜くずや香草を乗せてオーブンで焼いて
そのたれを 焼いた後の野菜くずと赤ワインをコンソメスープで煮詰めて作ります。
これは「きょうの料理」で見つけました。
赤ワインに漬け込んだら 一段と美味しさがアップしそうですね!
★ぴよっちょさんへ
元々娘は予定日が12月25日で
「あっちゃー、クリスマスに産んだら恨まれるだろうな」と
頑張ったのですが、1月2日になってしまいました…
元日にならなかったのは良かったと思ってますが
それでも娘に恨まれるだろうな~と
分娩台の上で悩んだのを思い出します。(^∇^;)

ご主人は送り盆ですか!
それはそれで本当に祝ってもらいにくい日ですよね~。
こちらは旧盆なので、毎年カレンダーのお盆が違うので
沖縄だったら良かったのに。 ( ̄m ̄*)

つい最近丸鶏を食べたばかりだったので
お誕生日はローストビーフにしてみました。
ぴよっちょさんところの晩餐が大いに参考になりました!
が、しかし娘には
「これってクリスマスみたいじゃない?」と
ツッコミが入りました・・・
お節とか正月料理(伊勢海老とか)でも文句言うし
なかなかウルサイ17歳です。(>_<)
赤ワインに漬け込むと、周りの焼き色が
とってもそれらしくなります!
あと私は付け合せのマッシュポテトが好きで好きで♪
むしろこっちばっかり食べてたかも。
豪華だぁ~
 17歳のお誕生日おめでとう♪
これからが一番楽しい時期だナァ~
親子でケーキを手作りして お料理食べてお祝い。
親元離れても きっと一緒に作った事を思い出して
ローストビーフを食べては 言った事を思い出し
思い出に残る誕生日ですネェ・・・
それにしても とっても美味しそう。

トラの力作も良いけれど 周りのハートがかわいいなぁ~
★みかんさんへ
ありがとうございます!
そうそう、これからが一番楽しい時期ですよね。
この島には高校以上の学校が無いので
進学希望の娘は来年の春にはこの島を巣立ちます。
それまでにたっぷり想い出を作っておきたいです。

なんやかんや言っても17年なんてあっという間です・・・(~_~;)

周りのハートを褒めて下さってありがとうございます!
娘に「お母さんは周りのクリームだけ塗ってくれればいいよ」と言われ
でも何か飾りたくて、側面にイチゴで歳の数だけハート作って
ペタペタ貼り付けてみました。
娘にも「うわ可愛い!」と大好評でしたっ♪

ちなみに真ん中には、これでもか!ってほどの
イチゴが挟まっております。 ( ̄m ̄*)
市販品では出来ないゴージャスさを演出してみましたっ♪
あ!断面図の写真を撮り忘れた~。
セブンチーンですね!
Happy Birthday!!17歳。
ほんとに一番いい年齢ですね。
さらにすらりと背が高いんですもんね。羨ましい限りです。
力作のケーキも食べるのがもったいないデキです。

子供と一緒に暮らせる期間って短いですね。
うちのムスコも、ことあるごとに
「俺は東京に行くよ」って言いやがるので、寂しい限りです。
娘も出て行っちゃうんだろうなぁ。

この正月は夫婦二人で静かに暮らす予行演習になりました。
夫も「構ってもらいたがり」だということに改めて気づきました。
★ミルクさんへ
ありがとうございます!
ホント、親バカではありますが
モデルのようなすらりとした体型と素直な性格は
決して私が17歳の時には持ち得なかった物です。
ある意味とっても羨ましい~。(>_<)

ケーキはね~、室温が20℃もある中でしかも
オーブンでローストビーフ焼いていたので
生クリームがどんどん緩くなって大変でした。
チョコのデコレーションもなかなか固まらず・・・
この時ばかりは「もう少し寒かったらいいのに」って
つくづく思いました!
でも美味しいケーキでしたよ。←既に食べた♪

ミルクさんのところはまだ地続きなので
いつでも帰ってこようと思えば来られますよね。
島からは飛行機なので、どこに出ても
すぐには帰れない場所だと思うと寂しさもひとしおです。
子育て真っ最中の間は終わりなき闘いのように思えましたが
ホント、終盤に来るとあっという間です・・・。

うちのダンナも構ってもらいたがりの上
非常に一言多くて、長時間一緒にいるのが
結構苦痛でした。(^∇^;)
特に今回は病床に付していた期間も足されているので
なんと2週間近くもベッタリ一緒だったので
いい加減嫌気が差しました。(苦笑)
こんな事で老後は大丈夫か?!

管理者のみに表示