2010/03/15

バンクーバー水族館(オリンピック観戦の合間に)

 ところで、出発前から私が考えていたのが
“バンクーバーを、住人のように訪れる”でした。
オリンピック観戦の傍ら、ぜひ街の普段着の様子を娘に見せたい!

手始めにダウンタウンの喧騒をちょっと離れて、まずはスタンレー・パークに足を延ばします。
ここは広???い公園です。

スタンレーパーク入り口

スタンレーパークヨットハーバー

この日はとても暖かく、日差しも暑いぐらいだったせいかジョギングをする人が目立ちました。
あぁ私もせっかくジョギングウェアを持ってきていたんだから、ぜひここで走りたかった!!
一周8.8kmの距離はまさに私の日常のジョグコースにぴったりです。次回は必ず。

ギース


途中にリスやカナダギースもいます。

とことこ歩くとようやくアクアリウムの入り口です。

アクアリウム入り口

先住民族のシャチをかたどったモニュメントも、これまた懐かしい!
日本だったら20年も経っていれば、大幅にリニューアルされてもおかしくないですよね?
「変わらない美しさ」。 ここがカナダの素晴らしいところだと思います。

さて何故今回アクアリウムかといいますと、元々水族館が好きなのですが
今回は何と!
オリンピック期間のみの50%割引券をゲットしたからなんですね?。
これは朝9時までに入場すれば半額になるというとてもお得な券!
しかもオリンピック期間は冬なのに朝8時から開園していたので、時間を有効に使いたい
私達には最適です。

アクアリウム割引券


特筆すべきは、数ヶ月前に完成したばかりという「4D体験シアター」。
とっても!面白かったです!!
これは“Planet Earth”というショートムービーを専用のメガネで鑑賞するものなんですが、
イルカの水しぶきはこちらまで飛んでくるは(劇場内なのに実際に濡れた!)、いきなり背後から
何かにチクっと刺されるは、小さなお子様には少々刺激が強過ぎるぐらいのド迫力。
某テーマパークも顔負けのアトラクションという感じでした。


思いも寄らぬスリリングな体験をした後は、静かに?鑑賞します。
既に沢山のお客さんが見学していますが、朝が早めなのでさほど混んでおらず
そのブースの前もゆっくり見て回ることが出来ました。

イソギンチャク

色とりどりのイソギンチャクとか?

fried jellyfish

「目玉焼き」なんて名前をつけられたクラゲとか?

イルカと調教師

イルカに餌が上げられるコーナーとか?

泳ぐイルカ

イルカとか?

ベルーガ

ベルーガとか!!

ベルーガも悠々と泳いでいます。
ところで私は沖縄在住なのですが、ジュゴンには馴染みがあるけどベルーガとどう違うのか
イマイチ分からなかったので、水族館の係のお兄さんに尋ねてみたところ「ベルーガはクジラの
仲間だけど、ジュゴンはむしろ象なんかと同じ分類に入るんです。あと、食性が全く違うんですよ」と詳しい説明を受けました。
そして話はベルーガの餌になる魚類、果てはプランクトンにまで及び、
最後は地球温暖化を憂う話で締め括られました。非常に勉強になりました!

個人的には世界の可愛いカエルちゃんや、アマゾンの巨大ゴキブリが生きたまま
展示されているのがとてもツボだったんですが
お好みもあるでしょうから写真は割愛します。(笑)


さて一回りして入り口近くに戻ってくると、何と!聖火リレーの走者がいるではありませんか?!
そういえば割引券にも写真はあったけど、まさかこんな所で会えるとは。
もちろん、娘と一緒に写真撮影をお願いしました。
聖火リレーの感想を尋ねたら、「もう、言葉では言い表せない感動だったわ!」と
まるでつい先ほど走り終えたかのように興奮して答えて下さいました。

トーチランナーと娘目線つき

実際にトーチを持たせてもらいましたが、意外とずっしりと重く
これを持って走るとなるとなかなか大変。
でも私がもしカナダ在住だったら、ぜひ応募して走りたかった!!

今回の聖火リレーは前年の10月から既にアテネをスタートし、6つのランタンに分けて
カナダに運び、先住民のカヌー・マウンテンバイク・サーフボード・かんじきなど様々な方法で
カナダ中の駆け巡り、多くの人々の手を渡り開会式に到着したそうです。
滞在中に何度かこの映像を目の当たりにしましたが、本当に感動ものでした。

思いも寄らぬ素敵なオマケがついた、バンクーバーアクアリウム訪問になりました。
スポンサーサイト
旅行 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
お~!
トーチまで持てる機会に恵まれて
オリンピック満喫出来たのですね!!
お嬢様もたくさんの貴重な体験に参加出来て
お母さんの念願も叶って
子宮を失った分の幸せもらえた感じですかね♪

★ぴよっちょさんへ
そうそう、幸福と不幸はプラマイゼロ、って言葉を
何だかかみ締めちゃいましたよ~。
だって筋腫の手術しなければブログは始めなかったし
ブログを始めなければこの懸賞には当選しなかった!!
そう思うとこれは痛い思いをした分の
ご褒美なのでは?!って思いました。

ただその後大風邪引いて、トレーニングが全然出来ず
今ものすごく焦りまくっているのは
「不幸」って思いますが…(^_^;)
この後の幸福に期待っっv-9
お久しぶりです(^o^)
ゆぃさん、お帰りなさい~(遅っ)
バンクーバー、念願叶って良かったですね♪
きっとご褒美だと思いますよ~

私の手術は無事に終わり、今はほとんど痛みも感じず(くしゃみもOK)そろそろ走れそうな感じです(^^)
傷は5㎝程度、閉鎖療法(大きなバンドエイドのような被覆材で創部を覆い消毒は一切行わない)で手術創の縫合も形成外科的な手技?で抜糸は無く傷跡も目立たず、痒みもなくホッとしています。
この閉鎖療法って私費治療扱いでお高かった~(*_*)
ゆぃさんをはじめ、色々な方の体験談を読ませていただいてたので、とても参考になり良かったです。
来週23日から職場復帰です。長いこと休ませてくれた職場の仲間に感謝の気持ちを忘れず、ほどほどに頑張ります。

ストロングマンまで一か月を切りましたね。昨年の今頃はお尻に火がついて焦ってバイクに乗ってたなぁ~
体調は戻りましたか?
怪我に気をつけて練習頑張ってくださいね!!

★ぱんさんへ
おおお!!!!
ぱんさんこそ、おかえりなさい!!!
手術も無事に終わって何よりです。
実はバンクーバーにいる間も「そういえばぱんさんは
今頃入院中なんだなぁ・・・」と思い出していたんですよ。
良かった良かった!!\(^o^)/

そして傷が5cm&閉鎖療法とは
これまた新しい手技を施行されたんですね~。
私費扱いでも、その後が快適なら
その分のお金はすぐに取り戻せると思います。
だって5cmという短さは魅力ですよv-9
走る私達にとってはホント何よりです。

新しい療法なので、ぜひ色々その後の経過を
教えて下さいねっ♪

ストロングマン・・・そうなんです、一ヶ月切りました。
焦りまくりです。v-13
思えば術後、貧血やら腰痛が劇的に改善して
あまりの嬉しさにトレーニングやり過ぎたのが
発端だったような?>体調不良
なのでぱんさんもぜひ、術後のオーバートレーニングには
くれぐれもお気をつけ下さいっ。

ぱんさん、術後の療養を頑張って下さいね♪
私も追い込み頑張りますっ!!

管理者のみに表示