--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/15

今日はマンゴーの日

なんですって。
確かにこの島はマンゴー収穫最盛期。
お陰様で職場にも家庭にも頂き物のマンゴーが満ち溢れ
マンゴー食べ放題に近い、何とも贅沢な日々が続きます。

が。
果物アレルギーの私にとっては
好きなのに食べられない、悔しい日々が続きます。

と同時に、赤く完熟したマンゴーを見るたびに
私の筋腫を思い出す、複雑な日々でもあります。
食べられないけど手に取って眺め、重さを確認しております。
そんな私は術後13ヶ月目。( ̄m ̄*)


というわけで今日のオマケ画像は
マンゴーに全然関係ない、オーストラリアで食べた美味しいものご紹介です。

eggbenedict.jpg

まずはカナダでも食べてた“エッグ・ベネディクト”。
ハムと半熟玉子にオランデーズがたっぷりかかったトーストです。
これはビーチ沿いの海岸にあるカフェで、サーファー達を眺めながら戴きました。
ものすごくリゾート気分満喫の朝ごはん!

ちなみにレース当日は、カフェで朝食を摂っている人々に
眺められながら走りました。立場、大逆転。

fishandchips2.jpg

お次は“フィッシュ・アンド・チップス”。
オーストラリアもイギリス連邦の国ですから、フィッシュ・アンド・チップスは一般的。
ホワイトビネガーとトマトソースをびちゃびちゃかけながら戴くのが好き。
隣にあるのはスパークリング・ウォーター(炭酸水)です。

これも海辺のカフェで戴いたのですが、カモメ達に狙われながらの
スリリングなスナックでした。

salmonpanini.jpg

これはわざわざメニューに「軽めのランチ」と書いてあったサーモン・パニーニ。
・・・ご覧のとおり、どこが軽いのか?!と聞きたくなるようなボリュームに
山ほどのchips、つまりポテトフライが付いてきます。
ご飯粒の代わりとはいえいつも最後は“やっつける”というか
chipsとの闘いと言った感じになった思い出が。(苦笑)

freshoysters.jpg

でも海辺なのでシーフードが美味しいです。
中でもお勧めはこのフレッシュオイスター!
日本のものと違い味が濃厚で、幾つでも食べられちゃいます。
ワインやビールが進む進む。

rampsteak.jpg

夕食はもっぱらIrish Pubと呼ばれる、いわゆる居酒屋さんみたいなところで
好んで摂りました。
その中でも美味しかったのはこのランプステーキにエビのクリームソースがかかったもの。
(あぁここにも山ほどのchipsが)
Irish Pubは冬でもオープンカフェ状態で、昼過ぎから夜遅くまで営業していて
ちょっといっぱい引っ掛けるにも食事を摂るにも入りやすくて重宝しました。

・・・ところで撮って来た写真を職場の同僚に見せたら
「食べ物の写真ばっかりだね」って言われました。
はい、食べまくっていましたとも。 ( ̄m ̄*)
スポンサーサイト
島の暮らし | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
おぉぉぉぉ~うぅぅぅぅ~
画面の前で悶絶しちゃったじゃないですかぁぁぁ。
夕飯食べたばかりなのに、お腹すいた感じになっちゃった。
いいね~。軽めのランチのボリューム。夕飯のランプステーキの
エビクリームソースも気になるぞ。じゃがいも好きの
私には、やたらとついているポテトはオアシスですv-238
昔は旅行に行ったら、ピース写真ばかりだったけど
最近は、食べものばかり撮ってしまいます。
私のPCには大量の食べ物写真が・・・・。

マンゴーいいですね~。大好きです。アレルギーで
食べれないのはホントにかわいそう。
私もカリウム制限があるので果物は少ししか
食べれません。スイカを志村ケン食いしたいのに・・。
参加者2万人以上~(゜o゜)
まぁ~ 美味しそうなものばかり~
エビクリームソース 美味しそうです。
これだけ毎日食べていても 消費しちゃうんだろうナァ~

桂さん↑のところも 覗かせてもらったら
本当に大量の食べ物が・・・
最近何処を覗いても 美味しそうなものばかり。
美味しいものを気にせず食べられるって幸せ。

牡蠣が食べたいわぁ~
No title
うんうん!美味しそうじゃぁぁ!!
リゾートな光と
海辺の風も伝わってくるぅぅぅi-237

因みに
一人ぼっち じゃないんだよねぇ?

マンゴーが食べ放題とは!
長野の実家にいると リンゴのおすそわけが大量に届くのと同じ感じなのかしら?
ジャムとかにしたら食べられる?
そしたらパンとか かき氷で食べられるのにね~
★桂ちゃんへ
そうでしょうそうでしょう!!
UPした私自身も、思わぬ時にこの画像を開いては
「あぁ美味かったよな~~」と悶絶しているぐらいです。(笑)
お陰様で今回の旅行も“大外し”の食事は無かったです。
これはひとえに、食いしん坊アンテナが
人より発達しているからだと確信しておりますっ♪

ランプステーキのエビクリームソースは
その後調べてみたら「サーファーズ・スタイル」というそうで
要はシーフードの入ったレモンバターソースを
そう呼ぶのがオーストラリア風だとか。
ところで私も無類のじゃがいも好きではあるので
苦痛、というわけでは無かったのですが
余りにも何にでもくっついてくる上
量が半端なかったので…

桂ちゃん、一緒にゴールドコーストマラソンに行って
山ほどのポテトを一緒に堪能しましょうっv-9

マンゴーに限らず殆どの果物がダメなので
今は悶絶の季節です。。・゚・(ノД`)・゚・。
こないだどうしても我慢できずに、ほんのちょっとだけ
(1cm角ぐらい)味見したら
その後やっぱり息苦しくて大変でした。
分かっていても時々試したくなります。シクシク。
★くらげさんへ
そうなんです、参加者2万人以上!
いかにクレイジーな人たちが多いか、よく分かりますね♪

今回の旅行で食べまくったので、どれだけ体重が
増加しているかドキドキしていたのですが
さすがにフルマラソンを走った後だったせいか
全く増えていませんでした。
私が運動を続けている理由はひとえに
「美味しいものを山ほど食べたい!」に尽きます。v-7

ただオーストラリアで戴いたものは
意外とどれもこれも脂っこくは無く
野菜も多めでヘルシーでした!
アメリカ辺りとはえらい違いです。
まぁそれでも街には、よく育って大きくなった人たちが
たくさん歩いていたので、やはり食べる量が
桁違いなんでしょうね~。(^∇^;)

牡蠣、超美味でした。
これを食べる為だけにまた行きたい!と思っています。 ( ̄m ̄*)
★ぴよっちょさんへ
今回載っている料理は、ほとんど全て
外のテラスで戴いたものばかりなんですよ~。
だからきっとリゾートな光も海辺の風も
きっと一緒に盛り込まれていると思います。

そこに気付くぴよっちょさんは
さすがに素晴らしい感性の持ち主!v-9

お陰様でダンナが一緒の旅でした。
途中何回かムッとする場面もありましたけど ( ̄m ̄*)
まぁ押しなべて楽しい旅でしたよ。

そうそう、マンゴーはきっとぴよっちょさんのリンゴに
当たると思います。
ちなみに私、リンゴも生では食べられません・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
でもリンゴの場合、ジャムにしたり加熱すれば
食べる事が出来るので専らパイにしたりして
楽しむ事が出来るので助かりますが
マンゴーはね~・・・加熱すると風味が変わっちゃうから
イマイチなんですよね。
もちろん味も香りも残りはしますが、何か違うものに
なっちゃう感じです。
なので毎年作るけど、結局あまり有効利用出来ません。v-13

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。