2011/11/20

BFAR to 地下ダム資料館

元々は伊良部ライドに参加しようと思っていた日曜日。

しかしながら

うちのダンナが
「雨が降るかもしれないよ!」
「風が強過ぎるよ!」
「船が揺れるよ!!」と

私の自転車の心配ばっかりするものですから

あんまりうるさいので今日のトレーニングは
BFARに致しました。

言わずと知れた“バカ夫婦アホラン”です。

今日は、冬場によく利用する宮古島温泉に車を停めて
ここから一路、宮古島市地下ダム資料館を目指します!

CA332073.jpg


途中

CA332076.jpg

ひとんちの畑の赤唐辛子(ハバネロ?!)を見物したり

CA332074.jpg

ナンコウ(カボチャに似た野菜)を持ってみたり

CA332075.jpg

立派なパパイヤに感激したりと
散々道草を食ってから

福里の坂の手前にある道を右折し

CA332077.jpg

地下ダム資料館に向かいます。
ここからわずか2キロ弱。

CA332078.jpg


どうやらここらしい。

入館料300円也を支払い、中に入ってみます。

ところで宮古島の地下ダムって、世界で初めての大型地下ダムだそうですよ。

CA332087.jpg

パンフレットを見ながら、様々な展示物を
「へー」「ほー」とか言いながら見学していきます。

CA332079.jpg

どのようにして工事が行われたか、地下水のメカニズムはどうなっているか、
分かりやすい映像やナレーションで解説されるので意外と面白い!

ちなみに宮古島の水は

CA332081.jpg

世界に名だたるエビアンなどにも引けを取らないミネラルウォーターだそうです。
(赤く点滅しているのが宮古島の水です)


トライアスリート的には

CA332080.jpg

バイク練習とか

CA332082.jpg

スイム練習も出来て素敵です。(嘘)

お腹が空いたら

CA332083.jpg

テナガエビも食べられます。(大嘘)

これで300円は意外とお徳かも!
普段は官公庁の団体さんしか見学に来ない感じの施設ですが

バイク練習の時にいつも迷惑を被る例の「スプリンクラー」
どういう仕組みで島中に配置されているのかが理解できれば
少しは勘弁してやろうという気になるかも知れません ( ̄m ̄*)

近くには、その地下ダムを誘致した
偉い人の顕彰碑も立っています。

「水は命」と碑に刻まれていたのでポーズさせましたが

CA332085.jpg

反対だよ


あわてて訂正。

CA332086.jpg

しかしこの地下が広くダムになってるなんてすごい!!

CA332084.jpg

そんなこんなでさくっと18km。
フルマラソン後のリカバリーLSDとしては上出来でしょう♪

終わった後は温泉でまったりして帰ってきました!
うん、面白いからまたやろうっと!!
スポンサーサイト
島の暮らし | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
地下ダム資料館
ゆぃ様、BFARお疲れ様です(笑)
私も次回お邪魔する時は是非見学させていただこうと思います。
それと海ぶどう&ウニ丼も是非食べてみたいと思います。
それと、命逆バージョンを背面でやります。
★タン助さんへ
季節柄、BFARが進みます ( ̄m ̄*)
あんまり寒いと何でしょうが
こちらの今ぐらいの気候は走るに限ります♪

あれから、宮古島には美味しいお店がごまんと増えて
とてもじゃないけど滞在中に全部は制し切れません。
でも絶対ウニ丼は食べないと!

地下ダムは意外と穴場なので
ディープな沖縄好きタン助さんとしては
はずせないと思いますっv-9

あぁダブルBFARを
ブログでアップする日が待ち遠しいっっe-266

管理者のみに表示