2013/04/25

反省文。

レースが終わって4日経ちました。

結論から言いますと
今年は…競技場まで戻ってこられませんでした。
ラン30km地点で収容です。

前日も、そして翌日もとても天気が良かったのに
レース当日はビュービューの強風。

確かに海は流れていましたが、今まではこれぐらいの海ならスイム決行だったのに
午前6時半のアナウンスで、まさかのスイム中止。
石垣島大会の死亡事故が響きました…

皆生の悪夢、再び

アナウンスが入り、6.5kmラン-155kmバイク-フルマラソンのデュアスロンに決定した瞬間
スイムが好きで荒れた海が得意な私は、正直泣きました。

デュアスロンはともかく、スタート時間が1時間繰り下げになり
制限時間が実質12時間30分しか無くなった時点で、ただでさえ制限時間ギリギリにゴールする自分は

「私、今日無理だ。帰って来られない…」と悟ったからです。

でも私が泣き顔していたら、初出場の男子がもらい泣きしそうな顔をしていたので
「いかんいかん、ベテランの私が泣いている場合ではない!」と
すぐに気持ちを切り替え、

“今日は長距離の複合練習だ!(←遅いって)と思うことにしました。
もしかしたらもしかして、奇跡が起こるかもしれない。
何かありえない力が働いて、練習以上の実力が出せるかもしれない。

…もちろんそんな訳はありませんでした。
悪天候だからデュアスロンになるのであって
風は本当に強く、公式発表は7.6mですがそれはあくまでも市街地での計測値で
池間島や東平安名崎の辺りは14m以上の強風が吹いていたとの事です。

ただ。

当初の目標だった「終始笑顏で沿道の応援に応える!」は貫き通しました。
辛い坂や向かい風の時こそ笑いました。
去年の大会は、完走しましたが後日周りから「すごくキツそうだった」と何度も言われ
何だかそれがすっごく不本意でした。
今年はせめて、いつも楽しそうにレースしていると思ってもらいたかったからです。

そのせいか、バイクはそれほど大きな遅れはなく
いつものバイク記録より少し遅い程度でフィニッシュ出来ました。



その時点で既にバイク制限時間2分前

やはり1時間短縮は痛い…
トランジッションエリアに入った時点で
あと制限時間まで残り5時間15分しか残っていません。

今までトライアスロンのランのタイムのベストは5時間49分。

いきなり30分も記録更新しろと

いや、でも涼しくて走りやすい天候だし
もしかしたらもしかするかもしれないし!!

そう思って走り出しましたが
やっぱり6.5kmの1stラン、そして155kmのバイクを済ませた後の脚は
あんまり言うことを聞いてくれませんでした。

それでも折り返しまではペースを刻めたのですが
ランの折り返しの後、とたんに少なくなった選手の数と
強風で寒いせいか、沿道にも応援の人がまばらになってしまった時点で

気持ちが切れてしまいました。

こういう時、ヘタに経験豊富なのはむしろアダになります。
冷静に残り時間を計算したりして間に合わないと決めつけてしまった事が
自分の敗因だと思います。

大会終了後、多くの仲間がランの自己ベストを出したと聞いて
なぜ自分は無理をしてでも頑張らなかったのか?!と悔やまれますが
それでもあの瞬間は、持てる限りを尽くしたという気持ちは変わりません。

強いて挙げるなら
やっぱりデュアスロンになっても、制限時間内に走りきれる脚を
作り上げる努力をするべきだったと思います。

来年の課題として、また仕切り直します。
仲間たちが進化していくのを見て見ぬ振りをしていた自分に気づきました。

今年度の目標は“現状維持”だけでなく
“もう少し上の段に進む”にしたいと思います…

応援、ありがとうございました!!
心から感謝します。


一応、“終始笑顏”の証拠写真を♪

420699_479178325486864_708276608_n.jpg

1stラン

562517_479179668820063_1229365874_n.jpg

603604_479188135485883_1075477684_n.jpg

バイク

407085_479188775485819_1654574645_n.jpg

934034_479188765485820_2005516010_n.jpg

そしてラン(但し30km地点まで)
スポンサーサイト
トライアスロン | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
笑顔、お見事!
どの写真も楽しそう(^o^)
スイム中止って聞いたからただスイムだけが
なくなったと思ったら6.5Kmのランが
あったのね。
東平安名崎の映像が出たとき、すごい強風で
のぼりが90度に曲がってるのを見てヒェ~って
思いました。
ワイドーのときもすごい強風だったけど
それ以上だったのかな。

あのとき、ゆぃちゃんの仲間をたくさん紹介
してもらったおかげで本当にネット中継が
楽しかったよ。ありがと~。
宮古島が近く感じた1日でした。

★桂ちゃんへ
ありがとう!
笑顏を桂ちゃんに褒めてもらえて、それだけでも
十分満足です。
そうなのよ~、スイム中止でバイクから始まるのなら
私はきっと間に合ったと思います。e-452
東平安名崎の風は、ワイドーマラソンの時とは
比べ物にならないぐらい強かったです。
自転車のハンドルが取られて横に1mも移動したなんて話も
しょっちゅう聞きました。

ランだったら確実に欽ちゃん走りになっていた事でしょう♪

宮古島の地元選手たちも、桂ちゃん達の応援のお陰で
頑張れたと思います!
また来年のワイドーで再会するのを楽しみにしてますよーe-266

管理者のみに表示