2014/04/23

暑くて熱くて、そして篤い日。

数日前から、レース当日は相当の暑さが予想されていました。
4月で最高気温27℃と言うのは、本土から参加した選手にとっては
本当に過酷な状況だったと思います。

ただ、私にとっては
過去15回出場した中で、何度か経験した暑さでした。

そう、
私にとっても節目の大会です。

今までの中で一番平穏な気持ちで
不思議なことに何の緊張も不安もなく
前夜もぐっすりと休めた事で、当日の朝はとても爽やかな目覚めでした。
緊張感が足らなすぎて忘れ物を幾つかしてしまいましたが

スイムの流れは見た感じ、やはりC地点からの流れが強そうだったので
いつものように、左寄りのロープ手前からスタート。
右ブレスなので、ブレスの方向に集団を見ながら
バトルを避けて行く方式です。

何度も何度も練習で泳いでいる前浜。

「参加選手の誰よりも、私はこの海と親しんでいる」

そんな気持ちで、後続の練習仲間の若い子達にも
この流れを通じて宮古の神さまの加護があるのを心から祈りながら
あえて練習よりも気持ちゆっくり目に泳ぎました。

美しい珊瑚や見守ってくれるダイバーの皆さんを眺めながら
それでもしっかり泳ぎ切ったら
スイムラップは1時間2分44秒。

10250043_10203585543228392_174487171740934360_n.jpg



おおこれはPB♪

気を良くしてバイクに移ります。
もともとバイクは今回、持久力維持だけを目標に練習していて
スピードアップはあまり念頭に置いていませんでした。
なのでアウターのギアを使わず、回転数だけを考えるつもりでは居ました。

が。

まさか、スピードメーターがスタート直後にいきなり動かなくなるとは
想定外でした。


前日のバイク預託までは正常だったのですが
センサーの部分の電池がこのタイミングで切れたようです…

でも、焦ったのは一瞬だけ。

「ま、いっか。
今までの練習のイメージで走れば何とかなるはず♪」と
却って周りのペースに惑わされずに集中して走る事が出来ました。

10248931_536735349768741_259453272_n.jpg


バイクラップ、6時間23分2秒。
しかしたっくさんの人に抜かれたなぁ~…
スイム順位は780位なのに、バイク終了時は1179位って…

ほぼ400人に抜かれたオンナ。マイペース過ぎたか?

その代わり、バイクの上での補給はしっかりと出来ました。
いつもaveに気を取られて補給が疎かになるのですが
持参したモノをほぼ80%は摂取することが出来たのは
次のランに備えての完璧なイメージどおりでした!

そう、今年はランをずっと強化してきたので
ランに全てを賭けるつもりでした。
ランの目標タイムは5時間。そしてそれを達成する意欲も有りました。

10169198_312529568895823_5264900458866840061_n.jpg


灼熱の暑さに辟易しながらもランスタートはそれなりに快調で
折り返しをほぼ予定通りに通過し
日が傾いて涼しくなったら、ペースを上げるつもりが


脚が何だか売り切れ状態に。

何だろ?
やっぱり暑さ?
ただ単にバテた?

とうとう歩きが入り始め、上り坂だけと決めていた歩きが
どんどん多めになっていく26キロから30キロ辺りが
一番精神的にキツかった気がします。

ただ、例年大会の最中に幾度と無く起こる
「もう今年は完走できないかもしれない…」という弱気な心は
不思議なことに今回は一回も頭をもたげてきませんでした。

恐らく、そこまでに十分な時間の余裕があったばっかりに
ただ単に甘えが出てしまって
歩くという形になってしまったんだと思います。
これは次回からの大きな反省点です。

ようやくゆっくりながらも歩かずに走れるようになったのは
30kmと35kmの関門を無事に通過してからでした。
去年通過できなかったこの関門をくぐる時、
思わずガッツポーズしちゃいました!

もちろんそれまでも温かく力強い声援をたくさん頂いていましたが
市街地に近くなればなるほど、私の名前を呼んで応援してくれる人が増え

あぁ、私はこの応援の皆さんを
去年からずっとお待たせしていたんだと実感しました。

1150137_10203585585909459_867886085967927441_n.jpg


ごめんなさい。
2年越しで、ようやくゴールに帰ってまいりました!


ランラップ、5時間38分29秒。
総合タイム、13時間4分15秒。

思い描いていた走りが全然出来ず
正直ここは反省しきりです。
大幅な自己ベストを狙っていたにも関わらず
ベスト更新はたったの3分。

強い心を持って臨んだはずなのに
あえなく折れてしまったのは
宮古の神さまに

「あれぐらいの練習で調子に乗るんじゃないよ?」
戒められたような気すらします。

そう。
私にとって、今年は単なる折り返し地点。
もしこのまま順調に頑張ることが出来るなら
あと15回はストロングマン参加資格の定年までのチャンスがあるのです。


次に繋がる口惜しさを残してこそのストロングマンレース。
少し休んだら、また来年に向けて仕切り直しますっ!


最後になりましたが
心を添えて想いを下さった皆さま。

応援、本当に有難うございました!!!
スポンサーサイト
トライアスロン | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
2年越しの完走で、PB更新おめでとうございます^^
記事を読んでいて、おめでとうではすまされませんね^^;
これだけの事をするのですから、尊敬します^^
ゆっくりと体を休めてください
★ひでちさんへ
いやいや普通におめでとうで大丈夫です!'`,、('∀`) '`,、
周りの人に「今年は完走できて良かったねぇ~」とか
言われておりますので。

一年に一回、普通のオバサンが頑張る日です!
尊敬なんてとんでもない、
頑張る人はみんなステキですから♪

今週いっぱいぐらいはのんびり過ごします~。
でも・・・何しよう?(^O^;)
トレーニング
あれだけトレーニングしていても跳ね返されるのがストロングマンレースなのですね!
ゆぃさんが歩くなんてって、ある意味安心しました。
私も練習の質と量を改善して、次回お目にかかる時には私が引っ張って行けるように頑張って見ます。

あらためまして、ストロングマンレース完走おめでとうございます。
★タン助さんへ
ありがとうございます!
いやー、ホントにいっぱい練習したつもりではありますが
まだまだ足りてないって事なんですね~( ;∀;)
走る時は速度はそれなりに保てても、
それが保たなくて歩いちゃうって感じでした。
遅くとも決して止まらずに淡々と走り続けるランナーに抜かれた時、
歩いている自分を恥じて、そこから頑張りが戻ってきた感じです。
もっとランが強くなりたい!
また新しい課題が出来たので、実はワクワクしています(´∀`*)ウフフ
引っ張ってって下さい!v-9

管理者のみに表示