--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/03/11

生きている私の、大事な努め。

私には、16年以上に渡るサポーターが居ました。
誰一人として知り合いのいない島に移住して、
走る事を始めた時からずっと応援してくれてました。

村の陸上競技大会の時、地区代表で走る私に
誰よりも熱い声援を送ってくれて
例え遅いゴールであっても、
「えらいさ!」と、うんと褒めてくれました。

地元のマラソン大会の翌日には
必ず完走者名簿を新聞でチェックして
後日わざわざ「頑張ったね!」と言いに来てくれました。

ストロングマンを完走できなかった年、
また来年頑張ると笑い飛ばそうとした私に
「来年は自分が生きているかも分からんのに!」と
泣いて叱られた事で発奮し、翌年にはしっかりと練習を積んで
きちんと完走させてもらいました。

そう、あのオバァです。

「今年のトライアスロンも頑張れね!」
そう言って笑ってくれたオバァに
「今年はヒデコオバァのおうちの真ん前がバイクのコースになるから、手を振るね!
ようやくレース中に会えるね!」と伝えたら
満面の笑顔で
「本当に楽しみさ~」と言ってくれました。

辛い上り坂の練習も、あのオバァの笑顔に会える、
そう思うからこそ頑張れたのに。

94歳。
昨日、宮古の神様の仲間入りをしてしまいました。

年に不足は無い、とみんなは言うけれど

今年はあの上り坂で頑張るレース中の私を、絶対見て欲しかった。
大会の後に「見ておったよ!今年もよく頑張ったね!」と
あの笑顔で褒めて欲しかった。

涙が止まりません。
ふと思い出す度に視界がにじみます。

でも、せめて
亡くなる3日前に会いに行った時に
「今年も走るから、応援してね!」と耳元で叫んだ
私の声が届いていたと信じたい。
そして、先に神様になったオジィオバァ達と
宮古の神様大応援団を組んで、天国から私に声援を送ってもらえると信じたい。

奇しくも今日は、3月11日。

“誰にでも、明日は必ず来る”

そんな保証は、実はどこにも無いことを
もう一度再認識して
私は生きているものの努めを
しっかりと果たすしかない。

そう決意した、朝でした。

hideko1.jpg

合掌。




スポンサーサイト
トライアスロン | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
Do you remember me ?
むちゃご無沙汰です。
まだアスリート続けていらっしゃるんですね。
僕もまだ走ってますよ☆
フルも年に1~2回は走ってます。
サブスリーははるかかなたに行っちゃったけど
その分少し楽しく走れるようになったかも。
また関東へも是非お出まし下さいね♪
お久しぶりです!
つかよく探し出しましたね?(;・∀・)
まだまだ頑張っていますよ~、相変わらず鈍足ですが。

サブスリーもスゴイとは思いますが、楽しく続けられるのも大事ですよね!
あんまり島から出ないんですが、また関東方面にも遊びに行きますね~♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。