--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/08/20

まだまだ続く、長期戦。

過去のブログ(はいこのブログは私の備忘録です)を辿ってみたら
一番初めに私がヘリコバクター・ピロリ感染症だと診断されたのは
2012年の5月15日だったらしい。

20代の頃から胃炎や十二指腸潰瘍に悩まされていました。
家族も皆胃が弱い方で、家系的なものだと思ってたら
ちゃんと原因があったのですね

その時はランサップ800で除菌開始
せっかくだからブログネタにしちゃえ、と
服用3日目
服用6日目に記事にしてみました。

その4週間後の検査でめでたく「除菌完了!」宣言をしてこのシリーズは終了、だと思っていたんですが。

それから3年後ぐらいに、空腹時の胃痛が復活してきてしまったので
念の為にピロリ菌の検査をしてみました。

ちなみに前回の検査は胃カメラを使って組織を採取し生検してもらったのですが
今度は尿素呼気検査をやってみたんです。
まず検査の前に風船のようなパックを膨らませて、次に錠剤の検査薬を飲んで
約20分後に再び息をとるという検査です。
除菌治療をした後に、除菌がきちんとできているかどうかを診断するのに適した検査との事なので
受けてみたのですが

なんと、その時点でクロ判定。

いろいろ調べてみたら、まず除菌後4週間以降で判定検査は認められていますが
場合によってはその時点で“擬陰性”が出てしまうことがあるそうです。
後で聞いたら「4週間では早すぎる場合がある。8週間は空けるべき」との事でしたが
私は規定通りの4週間ピッタリで検査したので、まぁ結果的に早すぎたのかもしれません。

で、2年以上経っているからと再度一次除菌時と同じ薬で除菌をかけたのが
去年の11月。
今度はしっかりと期間をあけて検査をしてみよう!と思い

そのまま忘れてました'`,、('∀`) '`,、

こないだ定期健診のついでに思い出したので、呼気検査を受けました。

結果は

20160820083149036.jpeg

やっぱり除菌できてない

一次除菌で失敗した場合、薬を変更して二次除菌をします。
折よく今年の6月に新発売になった新薬があるので
新しもの好きなワタシとしてはぜひ試してみたい!

で、昨日から開始しています。

20160820083125a49.jpeg

しかし・・・かれこれもう5年近くも、ヘリコバクター・ピロリと戦っている事になります。
そもそも日本人のピロリ菌の感染率は約50%、結構な数の方が保菌者であるにも関わらず
実際に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどを発症するのはたったの5%だそうです。
なので何も症状の無い人は特に気にしなくて良いと思いますが

ワタシは戦士なので

二次除菌、成功させてみせるっ!
スポンサーサイト
ヘリコバクター・ピロリ除菌 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。