2017/01/12

全ては、必然。

こちらでは、ご無沙汰しております。
誰が読むとも思わず、
自分の忘備録的なブログですので
ご容赦いただけたら。

昨年のクリスマスの朝。
事もあろうに、自分の不注意で
左ふくらはぎの肉離れをやらかしてしまいました。

走り始めてから、故障らしい故障を
殆どしたことが無いワタシにとって
一瞬の油断での故障、というのは
青天の霹靂に等しいものでした。
あまりの激痛に動けず、帰宅してからは
以前学んだ“RICE”処置を行い
とりあえず痛みに耐えるだけでした。

翌日、痛みはだいぶ引きましたが
とてもじゃないけど歩くのが精いっぱいで
絶望的な気持ちになりました。

“あんなに練習を積んできたのに”

年末だったせいもあり
一週間完全休養にして
色々思いを巡らせました。

何故、故障したのか。
何故、今なのか。

やっぱりそれまでのオーバーユースとか
やってるつもりでも出来てなかったケアとかが
結果的に一番弱い部分に出てきてしまったんだ、という結論に達しました。

誰のせいでもない、自分自身の招いた結果なんだと
納得がいくまで少しだけ時間がかかりましたが
よくよく思い出せば、練習の量こそこなせても
実際の質的なものはどんどん落ちていっていた気がします。

まぁ、これも全て事後に気づいたことなんですけどね

というわけで、今の私は
1週間の完全休養の後、自転車・水泳の再開を経て
3週間目にようやくランのリハビリを開始したところです。

最初はウォーキングから。
ちょっと走ってみたけど、とてもじゃないけど数歩で痛みが走る。
悲しい気持ちで、ウォーキングに徹しました。

翌日。
ウォーキングから入って、恐る恐るジョグを入れてみる。
そしたら20歩は走れた!
そこからはやっぱりツッパリ感が出て怖くて走れないけど。

3日後。
またウォーキングから始めて、今度も慎重にジョグを入れてみる。
そしたら今度は200mは走れるじゃないか!!

少しずつ、少しずつだけど
私は確実に走れるようになりつつある(^O^)/

ここで、はたと思い当たりました。

それこそ、20年近く前。
運動経験も何もない頃、ひょんなことから走ってみようと思い立ち
太った身体を揺すって、初めて競技場のトラック400mを
走り切った時の気持ちを。

ものすごくキツくて、でも何とか走り終えて
思わず空を見上げた時に見えた
でっかい満月の綺麗さを

奇しくも、同じような満月の夜に

しかも、あれから20年近く経った夜に

鮮やかに思い出しました。


ああ。
ワタシの今回の故障は
またしても宮古のトライアスロンの神様が
奢れるワタシに、今一度揺さぶりをかけてくれたんだなぁと。

ならば、
その気持ちに応えなくては。

あと100日。
ワタシは、必ず戻ってきます!(^O^)/

20170112214616336.jpg


晴れる日もあれば

201701122146356e6.jpg


曇る日もある。


当たり前。

長年、毎年出場してきたワイドーマラソンは
今年はお休みします。
悔しいと言えば悔しいけど
次に繋げる為に、必ず何か得て行きます。
転んでも、ただでは起きない。
スポンサーサイト
マラソン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示