FC2ブログ
2018/03/29

続けていく理由。

またこの時期になりました。
はい、4月のメインレースまで、あと3週間とちょっとに迫っています。

このブログは私の備忘録でもあり
また私自身が行き詰った時、読み返す大事なモノでもあります。

ココだけの話。→ブログに書く時点で(以下略)

ワタシ、来年でメインレース引退、というか
もう辞めようかと思ってました。

毎年毎年この時期胃がキリキリ痛むような思いをするし
加齢に伴ってタイムはどんどん落ちていくばかりで
しんどい想いをこれ以上重ねるのはな~という気持ちが募ってきて
とりあえず来年まで出て、いったんお休みしようかと。

そんなことを考えていたらですね。

うちの職場に来て下さる方が
やっぱりこの時期に、たくさん声をかけて下さるんですよ。

「今年も出場するべき?!」
「頑張ってね、応援するから!!」

その辺の返事としては、
「いや~、だいぶ疲れて来たんで~(;´Д`)」とか
適当に濁してきたのですが

先日、とある方から
言われた言葉に、ちょっとズキュンと来まして。

「うちのオバァは、いつもいつもあなたの事を気にしてて
出場者名簿に名前があるかといつも探して
テレビに釘付けになって姿を探して。
翌日の完走者名簿に名前を見つけたら
それこそ踊ってお祝いしておったんだよ~」


…もう何年も前に、鬼籍に入ったオバァ。
そのお嫁さんに当たる人から、ふいに出た言葉でした。

長いこと、たくさんの地元の人に陰ながら支えられてきたことを
今更ながら、思い出しました。

今日の練習で、そんな支えてくれた人の一人の
血を継いだ若者と一緒になりました。

彼が自分を抜く時に、
ふいにその彼自身の名前ではなく
「〇〇さんの息子」という名称が頭をよぎりました。

誰よりも、その姿を見たかった
今は亡きその人も、

間違いなく、私達を見守ってくれている。

そして、若い世代達も
こんなオバサンと一緒に練習を共にしてくれている。

これ以上の、続けていく理由はないよね?!

今年も、その先も
自分の気持ちが続く限り、頑張っていきたいと思います。

17992361_1861968327161900_1683263293596332720_n.jpg

※自分を鼓舞する為の、去年の画像(;´∀`)




スポンサーサイト



トライアスロン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示