2009/08/20

ヒルドイドvsソンバーユ

あれは確か術後3週間ぐらいした頃からだったと記憶してますけど
傷が落ち着いてからテープやシリコンジェルシートを貼っていたのですが
テープかぶれを防ぐ為に、入浴後は剥がして傷を乾かす時間を作っていたんですね。

で、その時に傷が乾いてくると何だか表面が攣れて痛いというか
その状態で下着をつけると擦れて痛いようなのが気になって
かかりつけ医に相談した時に「じゃあこれを試してみたら?」と
処方してもらったのがコレ。↓

airleat.jpg

エアリートローション(ヒルドイドのジェネリック薬品)です。

ケロイド及び肥厚性瘢痕の塗り薬として代表的な薬ですが
これ・・・なんだか「ゴム臭い」。
塗っていると自分が何かの部品になった気がします。(^∇^;)
あと、本来アトピー性皮膚炎の保湿に使えるぐらいなので刺激性には乏しいはずなんですが
私は血行が良くなるせいか、これが痒くて痒くて堪りませんでした。

ちょっと私には合わないみたい。(>_<)

でもやっぱりお風呂上りの乾燥は気になる。
って事でお試しを取り寄せたのがソンバーユ

葉書で取り寄せしないといけないのが面倒でしたが、届いたセットには
bayu.jpg

太っ腹な事に、7種類9本ものサンプルが入っていました。

ほんの少量を傷の上に延ばすと、驚くほどよく伸びます。
そして意外にもベタベタしません。
この辺はヒルドイドも同じですが、匂いが無臭なのがポイント高いです。
そして同じように血行促進作用がありますが、こちらの方が穏やかな感じなので
痒みを感じるまでに至りません!

これはソンバーユの圧勝ですね。私の場合。

以来、かれこれ2週間以上ソンバーユをつけています。
冷蔵庫で保管しておいたソンバーユをほんの少量だけお腹の傷に載せると
バターのようにすーっと溶けて透明になっていきます。
塗っていると自分がトーストになった気分になりますが、何かの部品よりはマシです。
そして塗っている傷と周りの肌は、高級革製品のようにツルツルになりました。
傷の赤みも随分収まってきたんですよ?。
これは相当期待出来そうです。
またもう少しして違いがハッキリした頃に、傷アップ写真を掲載しますっ♪(^o^)丿
スポンサーサイト
傷の経過 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ソンバーユ
私もお試し届きました。
例の楽天より早くv-12

今はお試し小サイズを持ち歩き、
楽天で購入したボトルを自宅用にしています。

冷蔵庫に入れたソンバーユはラードのように
固まっていますが、体温でまたたく間に柔らかくなり、
その姿も白色から透明に。
こうやって、皮膚に沁み込んでいくんだな、
というのが実感できます。

お腹の傷にはテープをはがしたとき、
マイクロポアだけ貼っている部分は
テープに細かい孔があいているということなので、
テープの上から塗ってます。

手術時にズルむけになってしまった
右手の2箇所の傷には風呂上りなど、
1日数回塗っていますが
次第に傷が目立たなくなってきています。

肌に優しく、だけど効果がしっかりある
ソンバーユ、かなり私的には良いです!
★キナコさんへ
やっぱり例の楽天より早く届いてましたか。(^∇^;)

そうそう、冷蔵庫で保管すると確かにラードの様ですが
肌の上に置いた時のあの溶け方は
口溶けならぬ肌溶けとでも形容したいような
素晴らしい浸透を見せてくれますよね!
融点が人の体温に程近いってのが良く分かります。

最初は馬の脂なんて・・・と幾ばくかの抵抗もあったのですが
元々食用に供された馬肉の一部分という事なので
それならば恩恵を受けるのがむしろ供養になるはず、などと
勝手な理論を振りかざしつつ、
さすがに人工物では太刀打ち出来ない効果を
ありがたく享受しておりますっ♪(^o^)丿

本当に有難うソンバーユ!

管理者のみに表示