--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/27

さらに日焼け

今日は朝起きたら曇り空。

気温30℃・湿度92%。 ・・・え?
でもこれだけ曇っていたらそれほど暑くないだろう!と
先週暑さにしてやられた私はまた走りに行きました。

今日はちょっと距離を延ばして25kmに挑戦です。
来月は23kmのレースもあるのですが
その前にちょっとしたボランティアで、フルマラソンの伴走をする予定があるので
それの準備も兼ねています。

今日も海沿いのコースを行きました!

CA331109.jpg

CA331110.jpg

・・・でも走っているうちに、曇り空がどんどん晴れてピーカンに!
また日焼けしちゃったよ?。・゚・(ノД`)・゚・。
しかも走り終わったらまた曇り空に戻っていました。
どれだけ私の肌を焼いたら気が済むのかしら。悲

ところで走ってばっかりいるのも何なので
明日はお休みを貰って、ちょっとした日帰り旅行に行ってきます!
船に乗って隣の島に行き、こんなお祭りの最終日を見物してきま?す♪

船酔い止めの薬を忘れずに持っていかなきゃ(汗)
スポンサーサイト
島の暮らし | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
船酔い
いいなー、お祭り。

私は子供のに頃、
ちょっと変わった両親が祭りには連れていかなかったので、
大人になってからお祭りを楽しむようになりました。

報告、楽しみにしてまーす。

ゆぃさんは船酔いするんですか?
それとも明日は大揺れの予感とか!?

私は飛行機がものすごーく苦手です。
で、島へ旅に行けるのか結構不安です。
★ウグイスキナコさんへ
国指定の重要無形民俗文化財であり、
ユネスコの文化遺産に登録も予定されているという
なかなかのお祭りなんですが
5年前に行ったきりご無沙汰なので楽しみです!

きっとご両親は「お祭りで食べるものは不潔だから」という理由で
連れてってくれなかったとか?(^∇^;)
実は私の知り合いでそういう人が居たのですが
その人は大人になってから、屋台で色々食べるのが
大好きになって、大喜びでお祭りを満喫しています。

実は私船酔いする性質なのです。
というかブランコでも酔うタイプ。v-11
なので正直、手術の時の麻酔とかすっごく心配でしたが
とりあえずそれは大丈夫でした!
明日の船旅は2時間なのですが、前線がウロウロして
海がうねっている可能性大。(~_~;)
万一船酔いして祭りが楽しめないとつまらないので
予防として飲んでいきます。 ( ̄m ̄*)

飛行機が苦手なのは揺れるからですか?
音がうるさいからでしたっけ?
私もうるさい音は嫌いなので、必ず耳栓を持参し
気圧の変化と轟音と周りの騒音から逃れています。
後は寝ちゃいますね~!それが一番かもっ。
ピンポーン♪
すごいっ!
両親が私たち姉妹を祭りに連れていかなかった理由、まさしく正解です。

うちの母親は変なルールを作ることが多く、
・水玉の服は着ちゃダメ
・Gパンは仕事着だから、やつぱり着ちゃダメ
・チューチューアイス(ええと、ジュースみたいのがビニールに入ってて、凍らすやつです。
最近ではチューペットとかですね)は
不潔なのでダメ→昔は消毒とか不十分だったからみたいです。

すべてにおいて厳しいわけではなく、
とってもバランスが悪いのです。

で、お祭りも露天がNGだったし、
両親が好きでないようで、
幼少時に行った記憶がありません。

その分、野山に行ったため、
植物や動物好きになったのですが、
祭りに行っていたら、
もうちょっと人好きになっていたかもー。

そんな私だから、
やっぱり変わり者になってしまったのかもしれません。
飛行機が嫌いなのは、
揺れても「やめまーす!」と手を挙げて
退去できないからです。
それと、私はドキドキとタイヘンなのに、
みんなは平然としているという状況に
パニックになってしまうみたいです。
でも、今はだいぶ治ってきました。
多良間島の八月踊りっていうんですね。
説明を読んでも読んでもピンとこないのはやっぱり異文化なんですねー。
無理に日本語で表記するとこうなるのかなぁ。

「歴史や方言をご存知の方なら理解できますが、
眠くなりそうな方はこの間に島内散策という手もあります。
組踊りはおよそ2時間かかりますし、この間の食事は厳禁ですので。」

私も島内散策派だなと思いました。
前もって勉強していくと感慨深い祭りなんでしょうね。
★ウグイスキナコさんへ(その2)
昨日日帰り船旅から戻ってきて
バタンキュー状態でレスが遅れました。。・゚・(ノД`)・゚・。

変なルール、親は何故か好きですよね。
私の場合「姉ちゃん(私の事)はスカートは履かせない」とかが
ありましたね~。
妹だけにしかスカートが許されなかったのは何故だろう…?
未だに不可解なままです。

そして当の親は忘れてたりするんですよね~。v-13

倒錯気味の親を持った私も相当変わり者です。
ちなみにダンナも相当変わったヤツなので
変わり者同志気は合うのですが
つき合わされている娘が気の毒になります。

私は昨日船の中で少々パニックになりかけました。
船酔いって・・・やっぱり苦しい。
「薬を飲んでるから大丈夫!」と言う私と
「ダメだもう揺れが体に沁みて苦しい!」と言う私が
大葛藤でした。(~_~;)
★ミルクさんへ
「多良間の八月踊り」は説明だけ読んでいたら
私も全然ピンと来ないですよ~!
正直、文字にするから訳分からないのであって
本来口移しで伝承するような踊りの文化を
無理やり文字にする方がおかしいような気がします。

でも後世に残すには文字にしないといけないんですよね…。

歴史はともかく、方言はこの島独特の物なので
私も殆ど分かりませんでした。(~_~;)
でも演者である村人のひたむきさは伝わるので
観ていて本当に胸を打つ踊りです。

もっとも私が最終日に行く理由は
眠くなったり退屈になったら、もう一つの集落に
散歩がてら行く事が出来るからってのがありますけどね!v-7

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。